記事

志村けんさん 番組構成作家が目の当たりにしたストイックさ

志村けんさんの突然の訃報には日本中が悲しんだ(写真/Getty Images)

 まだ、その重大さに気付いていなかった日本人に、コロナの恐ろしさを知らしめたのが、志村けんさんの訃報。3月29日に逝去したことが伝えられると(享年70)、日本中が驚きと悲しみに包まれた。

 志村さんは1968年、ザ・ドリフターズの付き人に。1974年、荒井注に代わって正式メンバーとなる。『アイーン!』『東村山音頭』『変なおじさん』など世間に浸透したギャグ多数。西武線・東村山駅の前には“志村けんの木”が植えられている。江戸川大学教授の西条昇氏が、志村さんの思い出を語る。

 * * *

 私は『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』(TBS系)に構成作家として関わり、志村さんのストイックさを目の当たりにしました。

 毎週木曜15時からの会議では作家のコント台本を見た後、机に突っ伏して1点を見つめ、1、2時間くらい沈黙が続きます。そこからアイデアを練り出し、終了は深夜1時超えもザラでした。六本木の輸入レコード店で欧米のコントビデオを大量に入手し、飲んで帰った日も毎晩必ず研究していたそうです。

※週刊ポスト2020年12月25日号

あわせて読みたい

「志村けん」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    音喜多氏が居眠り謝罪 歳費返納

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    感染拡大するスウェーデンの日常

    田近昌也

  4. 4

    テレ東が先陣 マスク着用で好評

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    SEXなく…夫に不倫自白した女性

    PRESIDENT Online

  6. 6

    毎日が40億円超減資で中小企業に

    岸慶太

  7. 7

    菅首相 イエスマンだらけの失策

    毒蝮三太夫

  8. 8

    首相演説を批判 朝日に「何様?」

    鈴木宗男

  9. 9

    慰安婦判決に感じる韓国の価値観

    WEDGE Infinity

  10. 10

    プペルも? 泣くための映画に疑問

    かさこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。