記事
  • ロイター

NY市場サマリー(17日)米株最高値 長期金利上昇 ドル指数2年超ぶり安値

[17日 ロイター] -

<為替> 米国の新型コロナウイルス追加対策を巡る協議が続く中、ドルが主要通貨に対し2年超ぶりの安値を付けた。一方、大口投資家の関心の高まりを背景に暗号資産(仮想通貨)のビットコインは最高値を更新した。

米議会指導部による9000億ドル規模の新型コロナ追加景気対策を巡る協議は、合意に向け前進しているものの、つなぎ予算が切れる18日深夜までに合意できるか不透明な情勢となっている。

共和上院トップのマコネル院内総務は、17日中の合意を期待していると述べる一方、つなぎ予算の期限をさらに延長する必要があるかとの問いに「あるかもしれない」と応じた。

メルク・インベストメントの最高投資責任者(CIO)、アクセル・メルク氏は、投資家がドルを売り、他の資産に資金を投じているとし「世界的なリフレが進行中だ」と指摘。「これが市場のテーマになっており、どちらかと言えば加速している」と述べた。

ドル指数は一時89.723まで下落し、2018年4月以降で初の90割れとなった。終盤は0.50%安の89.795。

ドル安が続く中、投資家はビットコインに注目しており、この日は一時10.5%高の2万3777ドルと最高値を更新。年初来で約3.3倍となった。終盤は5%高の2万2414ドル。

ビットコインは急速な値上がりとインフレヘッジ資産としての側面から大口投資家の買いを集めている。

米国では16日の新型コロナ感染症による死者が3580人と、過去最多を記録。一方、アザー厚生長官はCNBCとのインタビューで、米食品医薬品局(FDA)の承認が下り次第、モデルナの新型コロナワクチン590万回分が全米に配布される見通しと述べた。

米連邦準備理事会(FRB)は16日、国債などを買い入れる量的緩和策について、最大雇用と物価安定の目標達成に向けて「さらに著しい進展が見られるまで」継続すると表明、景気回復が確かになるまで大規模緩和を続ける姿勢を明確にした。

ドル指数はFRBの発表を受け上昇したが、一時的な動きにとどまった。

ポンドは対ドルで上げ幅を縮小。ジョンソン英首相はフォンデアライエン欧州委員長との電話協議後、欧州連合(EU)との貿易協議は「深刻な状況」にあり、EUが大幅に立場を変えない限り合意には至らないだろうと述べた。

この日序盤には英EU通商協議が合意に達するとの楽観的な見方がポンドを押し上げ、一時1.3625ドルと18年5月以来の高値を付けた。ただ、その後は上げ幅を縮め、終盤は0.50%高の1.3578ドルとなった。

英国のゴーブ内閣府担当相(国務相)が議会委員会で「残念ながら合意に至らない可能性の方が高い」とし、合意に至る確率は「50%を下回る」と指摘。良好な進展があったとのEU首席交渉官の示唆を打ち消した。

英イングランド銀行(中央銀行)は17日、政策金利を過去最低の0.1%に、資産買い取り枠を8950億ポンド(1兆2000億ドル)に据え置いた。同時に、EUとの貿易交渉がまとまらずポンドが急落した場合、2%を超える物価上昇を容認する用意があると表明した。

ユーロは終盤で0.52%高の1.2266ドル。18年4月以来の高値となった。

ドルは対スイスフランで0.05%安の0.8844フラン。

ノルウェークローネは1.57%高の8.5620クローネ。ノルウェー中央銀行は17日、政策金利を予想通り過去最低のゼロ%に据え置いたが、世界経済が新型コロナウイルス流行から回復するにつれ、利上げ時期が従来想定よりも早くなる可能性があると警告した。

<債券> 長期債利回りが上昇した。米議会で週末までに9000億ドル規模の追加景気対策を巡る協議がまとまるとの期待で、朝方に発表された低調な失業保険関連指標への懸念が後退した。

与野党の議会指導部による新型コロナウイルス追加景気対策を巡る協議は、17日も合意に向け前進。ただ、つなぎ予算が切れる18日深夜までに合意できるか不透明な情勢となっている。

市場では刺激策が経済を押し上げることに期待が高まっている。労働省が発表した12日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は88万5000件と、前週の86万2000件から予想外に増加。新型コロナ感染急増が引き続き経済活動を阻害しており、景気後退(リセッション)からの回復の鈍りが改めて浮き彫りになった。

BMOキャピタル・マーケッツの米金利戦略責任者、イアン・リンゲン氏は、刺激策を巡るポジティブに見える動きを背景に、さえない指標にもかかわらず国債が売られたと述べた。

終盤の取引で10年債利回りは1.3ベーシスポイント(bp)上昇の0.933%。30年債利回りは1.6bp上昇して1.680%となった。

2年債と10年債利回り格差は0.7bp拡大して80.6bp。5年債と30年債利回り格差は130.1bpと1.4bp広がった。

長期債利回りの上昇は、米連邦準備理事会(FRB)が前日に国債買い入れ策の維持を発表したことに関連する可能性もある。連邦公開市場委員会(FOMC)前には、FRBが利回り上昇を抑えるために、長期債の買い増しを発表するとの見方もあった。

FRBは、国債などを買い入れる量的緩和策について、最大雇用と物価安定の目標達成に向けて「さらに著しい進展が見られるまで」継続すると表明、景気回復が確かになるまで大規模緩和を続ける姿勢を明確にした。

<株式> 上昇。新型コロナウイルス追加景気対策への期待が高まり、主要3指数はいずれも終値で最高値を更新した。

9000億ドル規模の追加景気対策を巡る米議会指導部の協議は合意に向けて前進している。

米労働省がこの日発表した新規失業保険申請件数が予想外に増加したことを受け、市場では景気対策が近く可決されるとの見方が強まった。

新型コロナワクチンを巡る動きも相場を支えた。米食品医薬品局(FDA)の諮問委員会は17日、米バイオ医薬品企業モデルナのワクチンの緊急使用を承認するようFDAに提言する見通し。

S&P総合500種のセクター別指数では不動産、素材、ヘルスケアが1%超上昇した。

アナリストからは、相場が短期的にやや買われ過ぎの水準にあるとの見方も出ている。チャールズ・シュワブのトレーディング・デリバティブ担当バイスプレジデント、ランディー・フレデリック氏は、テクノロジーなどこれまでパフォーマンスが良かったセクターに売りが出るリスクが最も大きいと指摘。一方、投資家が割安株を物色する中、金融やエネルギーへの関心が高まっているとした。

個別銘柄ではアルファベットが1%近く下落。コロラドなど38の州・地域が同社傘下のグーグルを反トラスト法(独占禁止法)違反で提訴した。

米取引所の合算出来高は105億株。過去20営業日の平均は114億株。

ニューヨーク証券取引所では値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を2.21対1の比率で上回った。ナスダックでは2.17対1で値上がり銘柄数が多かった。

<金先物> ドル安・ユーロ高に伴う割安感から買われ、3日続伸した。

2月物の清算値(終値に相当)は前日比31.30ドル(1.68%)高の1オンス=1890.40ドルと、中心限月ベースで11月上旬以来約1カ月ぶりの高値を付けた。

米連邦準備制度理事会(FRB)は16日午後に、米国債などを買い入れる量的緩和策を「雇用最大化と物価安定の目標へ十分前進するまで続ける」方針を発表した。これを受けて、外国為替市場では17日もドル安・ユーロ高が進行。ドル建てで取引される金は割安感から買いが優勢となった。また、米追加経済対策法案成立への期待が高まっており、大規模な財政出動による物価上昇観測から金にインフレヘッジとしての買いが入る面もあった。

金塊現物相場は午後1時半現在、29.800ドル高の1885.275ドル。

<米原油先物> 4営業日続伸。

米国産標準油種WTIの1月物の清算値(終値に相当)は、前日比0.54ドル(1.13%)高の1バレル=48.36ドル。中心限月としては2月26日以来、約10カ月ぶりの高値となった。2月物は0.54ドル高の48.54ドルだった。

米エネルギー情報局(EIA)が16日午前に発表した週報では、11日までの1週間の米原油在庫が310万バレル減となり、1520万バレル増を示した4日までの週から マイナスに転換。これを受け、需給の緩みに対する警戒感が和らいだ。

米国では新型コロナウイルスワクチンの接種が始まり、週内には米食品医薬品局(FDA)が国内二つ目となる米モデルナ製ワクチンの緊急使用許可を承認するとみられている。 来年はワクチンの普及で経済正常化が進み、エネルギー需要が上向くとの楽観的な見方が 最近の相場上昇の背景となっている。

このほか、16日の米連邦公開市場委員会(FOMC)声明が量的緩和の長期化を示唆したことをきっかけに、外国為替市場で対主要通貨でのドル売りが加速し、原油先物の割安感が強まったことも押し上げ材料となった。

NYMEXエネルギー:[CR/USJ]

ドル/円 NY午後4時 103.14/103.16

始値 103.03

高値 103.17

安値 102.89

ユーロ/ドル NY午後4時 1.2262/1.2264

始値 1.2236

高値 1.2273

安値 1.2233

米東部時間

30年債(指標銘柄) 16時52分 98*22.50 1.6803%

前営業日終値 99*02.50 1.6640%

10年債(指標銘柄) 16時48分 99*14.00 0.9346%

前営業日終値 99*18.50 0.9200%

5年債(指標銘柄) 16時49分 99*31.50 0.3782%

前営業日終値 100*00.75 0.3700%

2年債(指標銘柄) 16時48分 100*00.00 0.1250%

前営業日終値 100*00.38 0.1190%

終値 前日比 %

ダウ工業株30種 30303.37 +148.83 +0.49

前営業日終値 30154.54

ナスダック総合 12764.75 +106.56 +0.84

前営業日終値 12658.19

S&P総合500種 3722.48 +21.31 +0.58

前営業日終値 3701.17

COMEX金 2月限 1890.4 +31.3

前営業日終値 1859.1

COMEX銀 3月限 2618.1 +112.9

前営業日終値 2505.2

北海ブレント 2月限 51.50 +0.42

前営業日終値 51.08

米WTI先物 1月限 48.36 +0.54

前営業日終値 47.82

CRB商品指数 165.4892 +1.6314

前営業日終値 163.8578

トピックス

ランキング

  1. 1

    雇用保険を否定? 厚労省の暴言

    田中龍作

  2. 2

    石破氏 コロナ報道に強い違和感

    石破茂

  3. 3

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  4. 4

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  5. 5

    京都市財政難 寺社の協力不可欠

    川北英隆

  6. 6

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  7. 7

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  8. 8

    立民の「首相答弁が短い」は難癖

    鈴木宗男

  9. 9

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  10. 10

    伊藤忠変えた利益追求のカリスマ

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。