記事
  • 女性自身
  • 2020年12月18日 16:47 (配信日時 12月18日 06:00)

浅田真央“1年半交流なし”女性トラブル父と和解した理由

《ここまで怒ったことはないんですが、これは本気のケンカ》

《1年半ぐらいずっと連絡を取っていない時期があった》

浅田真央(30)が7日に放送された『とくダネ!』(フジテレビ系)のインタビューでこう打ち明けた。怒りの矛先は、なんと彼女の実父。

「番組のなかでは、原因や時期については触れませんでした。しかし、“やはりあの一件が原因では”と関係者間ではささやかれています」(テレビ局関係者)

“あの一件”とは’15年に一部週刊誌で浅田の父親と当時の交際女性とのトラブルが報じられたこと。

「真央さんのお母さんは’11年に病気で他界しています。真央さんは交際女性がいるのを知らなかったようで、その存在にもショックを受けたようですね。それにこの時期は、真央さんが1年の休養を経て現役復帰を決めたころ。再出発に泥を塗られたわけですからね。かなり怒っていたそうです。怒りのあまり父に渡していた生活費を入れるのをやめた、とも報じられました」(スポーツ紙記者)

しかし、ここまでこじれた父娘の仲が、現在は良好だというのだ。真央が30歳になったのを機に発売されたばかりの『浅田真央 100の言葉』(扶桑社)でも、父が4ページにわたってインタビューに答えている。

「本の中でお父さんは、真央さんの幼少時代やお母さんが闘病していたときのこと、そして家族葬のことなど、初めて明かすエピソードを語っています。現役時代は“パパが見に来ると気持ちが緩んじゃう”と言われ試合会場に行っていなかったそうですが、引退後、真央ちゃんがサンクスツアーを始めてからは“来てね”と言ってくれるそうですよ」(スポーツ紙記者)

1年半の“確執”の和解のきっかけを、真央自身は冒頭の『とくダネ!』でこう話している。

《とある方から“世界に1人しかいないお父さんだから許してあげて”と言われて、そうだな、と》

距離を置いていた期間の反動だろうか。真央はいまでは父をとても大切にしているという。

「お父さんの還暦祝いに一緒に京都旅行をしたそうです。お父さんは現在61歳前後ですから、旅行したのはこの1~2年のこと。旅行のプランは真央ちゃん自身が考えてセッティングしたとか。

実は彼女、CMや雑誌の撮影でたびたび訪れていることもあって、京都が大好き。自分のお気に入りの場所にお父さんを連れていって喜んでもらい、2人の間に残る、わだかまりを完全に解消したいという意図もあったのではないでしょうか」(フィギュア関係者)

最近では“アイスリンクをつくる”という目標を掲げている浅田。再び結束した家族のバックアップを受けながら、30代の夢を実現させるに違いない。

「女性自身」2020年12月29日号 掲載

あわせて読みたい

「浅田真央」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。