記事
  • 女性自身

忘年会に3密、そして迷言…コロナ禍で政府の矛盾続く

(写真:アフロ)

「人と人との接触を、そもそも減らさないといけない段階にきている」

12月2日、西村康稔経済再生大臣(58)は経済3団体の幹部とのテレビ会議でこう話した。さらに政府は5人以上の会食を控えるよう呼びかけているが、菅義偉首相(72)は14日に二階俊博幹事長(81)や俳優の杉良太郎(76)らともに8名で会食していた。

西村大臣は16日に「一律に5人以上(の会食)は駄目だと申し上げているわけではない」などと話し、菅総理は会食について「誤解を招いた」という理由で謝罪。そして各メディアによると、自民党議員は計画していた会食を相次いで中止することを決定したという。

政府自らが、国民への呼びかけを反故にーー。実はこういった矛盾行動は緊急事態宣言のさなかにも起こっていた。

それは5月のこと。毎日新聞によると、自民党は新しい生活様式を提唱してわずか3日後に人がびっしりと集まった“3密状態”で会議を開催していたというのだ。

さらに西村大臣は11月13日、会見で“矛盾迷言”を行っている。当時、北海道での感染者数が1日で200人以上に。そして、日本医師会の会長・中川俊男氏がGo Toキャンペーンの見直しを求めていた。

すると西村大臣は「このような状況が続けば、医療機関の逼迫が出てくるわけでありますし、何とか減少傾向にしていきたいと考えております」と意気込んだ。そのいっぽう、GoToの見直しについてはこう話した。

「検査件数をかなり増やしていっていますので陽性者の数が一時的には増えますが、これは2次感染、3次感染を防いでいくと。現時点で北海道をはじめ、どこかの地域を除外することは考えておりません」

「感染者を減らしたい」といいながらも、GoTo見直しに言及すると「陽性者数が増えているのは検査件数が増加しているから」などと否定した西村大臣。感染者数に対して、どういう認識を持っているのだろうか。

また菅首相は11日、ニコニコ生放送に登場。そして「いつの間にかGoToが悪いことになってきちゃったんですけど、移動では感染しないという提言もいただいていた」と発言した。

しかしロイター通信によると、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長(71)は菅首相の発言を疑問視。「50歳以下の人が移動して二次感染を起こしていることがはっきりしきたので、人の動きを止めることが重要」といい、「意図せず重症化が出るので、そのような文脈のなかでGoToも考えるべきと再三申し上げている」と衆院内閣委員会閉会中審査でコメントしたという。首相と分科会の間で、認識のズレが起こっているようだがーー。

7月、会見で「もう誰も、ああいう緊急事態宣言とかやりたくないですよ」「だから感染防止策を、いまからしっかりと」と強い口調で国民に言い放った西村大臣。しかし政府に矛盾やズレがある限り、国民の疲弊は続くのではないだろうか。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  3. 3

    老害タグを茂木健一郎氏が批判

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  5. 5

    五輪中止で32年開催狙うか 英紙

    ロイター

  6. 6

    政治に怒らぬ若者 そのワケは?

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

  8. 8

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  9. 9

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  10. 10

    なぜ国会議員は居眠りするのか

    千正康裕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。