記事
  • ロイター

インドネシア中銀、7日物リバースレポ金利を3.75%に据え置き

[ジャカルタ 17日 ロイター] - インドネシア中央銀行は17日、年内最後となる金融政策決定会合で、市場の予想どおり政策金利を据え置いた。

中銀は7日物リバースレポ金利を3.75%に据え置いた。これは同中銀が2016年に7日物リバースレポ金利を主要政策手段に定めて以来、最低水準となる。ロイターがまとめた市場予想では、アナリスト22人のうち18人が据え置きを予想していた。

翌日物預金ファシリティー金利(FASBI)を3.00%に、貸出ファシリティー金利は4.50%にそれぞれ維持した。

同中銀は今年、5回の利下げを実施。政策金利は計125ベーシスポイント引き下げられた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  2. 2

    トランプ氏罷免せず 判断を評価

    猪野 亨

  3. 3

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  4. 4

    官邸崩壊の足音 秘書官もう交代

    NEWSポストセブン

  5. 5

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  6. 6

    総額6.7兆円 不良債権回収の苦難

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    14歳以下のコロナ感染が増える仏

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    「病床に余力」医師提言に課題も

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    感染拡大の深刻さを認めぬ菅首相

    おくの総一郎

  10. 10

    母がマルチ商法に心酔 娘の悲劇

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。