記事
  • ロイター

日経平均は小幅続伸、指数寄与度高い銘柄が下支え


[東京 17日 ロイター] -

日経平均

終値      26806.67 +49.27

寄り付き    26744.50

安値/高値   26,676.28─26,843.05

TOPIX

終値       1792.58 +5.75

寄り付き     1786.81

安値/高値    1,781.03─1,794.21

東証出来高(万株) 114095

東証売買代金(億円) 25456.52

東京株式市場で日経平均は続伸した。朝方は小幅安でスタートしたものの、その後は指数寄与度の高い銘柄の上昇を受け、プラス転化した。後場には一時、2万6843円05銭をつけたが、大引けにかけては上げ幅がやや縮小した。

TOPIXは0.32%高で取引を終了。東証1部の売買代金は2兆5456億円だった。東証33業種中、その他製品、情報・通信業、海運業、電気機器など11業種は値上がり。一方、空運業、鉄鋼、陸運業、不動産業など22業種は値下がりした。

市場では「下げる局面では押し目買い意欲が強く、2万7000円台に向けて年末高を期待しているような印象だ」(岡三オンライン証券・チーフストラテジスト、伊藤嘉洋氏)との声が聞かれ、「トヨタやソニーなど、主力銘柄が堅調な動きとなっていることも、投資家心理を上向かせているのではないか」(伊藤氏)との声が聞かれた。

個別では、トヨタ自動車が上値を追い、2月6日に付けた年初来高値8026円を約10か月ぶりに更新した。

その他、任天堂が連日の年初来高値を更新。一時、6万7880円を付け、2007年12月以来の高水準となった。巣ごもり関連銘柄の代表格として物色されているほか、新型のゲーム機の販売が米国でも好調なことが引き続き好感されている。

東証1部の騰落数は、値上がり849銘柄に対し、値下がりが1253銘柄、変わらずが82銘柄だった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    電車止めない政府 危機感の甘さ

    諌山裕

  2. 2

    医師会の言葉は「心に響かない」

    山本直人

  3. 3

    「サイゼ来た」要請で皮肉な結果

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  5. 5

    印象論で政権批判 NEWS23に苦言

    和田政宗

  6. 6

    尾身会長が求めるリーダーの姿勢

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    医療巡り飛び出した菅首相の本音

    青山まさゆき

  8. 8

    「男女の友情存在するか」は愚問

    いいんちょ

  9. 9

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  10. 10

    PCR問題の混乱止まらず 医師嘆き

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。