記事

感染防止対策協力金

埼玉県では、飲食店等の営業時間短縮要請期間の延長を検討していましたが、この間、国が12月16日以降の年末年始期間の協力金単価を1日当たり2万円から4万円に倍増させることを決定しました。

これを踏まえ、埼玉県の支給額も増額することにしました。

まず、12月4日から17日までの第1期の支給額については、これまで発表していた1店舗当たり28万円から4万円増額し、32万円支給することとします。

支給額以外の対象地域やその他の支給要件に変更はありません。

また、一昨日、本部会議を書面開催し、12月18日から27日までの10日間、営業時間短縮の要請期間を延長することを正式に決定しました。

延長期間の第2期の協力金についても昨日は1日当たり2万円で計算する方向と説明しましたが、1日あたり4万円の積算となります。

そのため、全ての期間で御協力いただいた事業者に対し、1店舗当たり40万円の協力金を支給することとします。

支給額以外は昨日の発表から変更ありません。

対象地域は変更せず、その他の支給要件も第1期と同様とし、

食品衛生法に基づく飲食店営業許可を受けていること、

『彩の国「新しい生活様式」安心宣言』を遵守し、店頭に掲示していること、

「埼玉県LINEコロナお知らせシステム」のQRコードを店頭に掲示していること

などが必要になります。

第1期とは申請手続を分け、別途、申請を受け付けます。

第1期は協力できなかったけれども第2期からは協力する場合、40万円を支給します。

なお、第1期、第2期とも協力する場合は、第2期の申請は簡素化します。

申請の受付は、要請期間が終了した12月28日以降、速やかに開始できるよう準備しています。

第1期同様、電子申請を原則としますが、郵送での申請も受け付けます。

該当する事業者の方々には、感染拡大防止のため是非とも御協力をお願いします。

あわせて読みたい

「埼玉県」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  3. 3

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  5. 5

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  7. 7

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  8. 8

    米国に課された多様性との融合

    松田公太

  9. 9

    マスク拒否の男 逮捕時は大暴れ

    文春オンライン

  10. 10

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。