記事

【読書感想】コロナ後の世界を語る 現代の知性たちの視線

1/2

コロナ後の世界を語る 現代の知性たちの視線 (朝日新書)

  • 作者:養老孟司,ユヴァル・ノア・ハラリ,福岡伸一,ブレイディ みかこ
  • 発売日: 2020/08/11
  • メディア: 新書

Kindle版もあります。


コロナ後の世界を語る 現代の知性たちの視線 (朝日新書)

  • 作者:養老 孟司,ユヴァル・ノア・ハラリ,福岡 伸一,ブレイディみかこ,ジャレド・ダイアモンド,角幡 唯介,イアン・ブレマー,磯野 真穂,伊藤 隆敏,大澤 真幸,荻上 チキ,鎌田 實,五味 太郎,斎藤 環,坂本 龍一,東畑 開人,中島 岳志,藤原 辰史,藻谷 浩介,山本 太郎,柚木 麻子,横尾 忠則
  • 発売日: 2020/08/11
  • メディア: Kindle版

わりゆく世界を理解するために、
22人の論客が「知」の扉を開く!

イアン・ブレマー、磯野真穂、伊藤隆敏
大澤真幸、荻上チキ、角幡唯介、鎌田 實
五味太郎、斎藤 環、坂本龍一、ジャレド・ダイアモンド
東畑開人、中島岳志、福岡伸一、藤原辰史
ブレイディみかこ、藻谷浩介、山本太郎、柚木麻子
ユヴァル・ノア・ハラリ、養老孟司、横尾忠則
(五十音順、敬称略)

新型コロナウイルスは瞬く間に地球上に広まり、
多くの生命と日常を奪った。

あちこちで分断と対立が生じ、先行きは不透明だ。
私たちはこの危機とどう向き合えばよいのか。

各界で活躍する精鋭たちの知見を提示し、
アフターコロナの世界を問い、日本の未来を考える論考集。

第1章:人間とは 生命とは
第2章:歴史と国家
第3章:社会を問う
第4章:暮らしと文化という希望

 最近出る新書は「新型コロナウイルス関連本」が多くて、正直、ちょっと食傷気味でもあるのです。いま、みんながいちばん興味を持っているというか、避けて通れない話題であるのは事実なのですが。

 この「有識者がコロナ下、あるいはコロナ後の世界について語る」というのも、けっこういろんな出版社から出ていて、「これはもう読んだやつかなあ」なんて、確認しないと同じものを買ってしまいそうになります(Amazonでは「あなたはもうこれを買っています!っていうのが表示されるので非常に助かるのです)。

 この本に収録されているのは、朝日新聞のニュースサイト『朝日新聞デジタル』で発表されたもので、読者からは「世界の有識者はどのように考えているのか」について、大きな反響があったそうです。

 「三密を避ける」「人と人との接触を極力少なくする」「ステイホーム」など、さまざまな「自粛という名目での禁止事項」が強調される一方で、「われわれは、これからどうなるのか?」というビジョンは、なかなか見えてこないんですよね。

 マスク生活に慣れてしまった人たちは、何を基準に「マスクを外す」ことを決めるのか?
 もしかしたら、このまま「人と接触しない生活」のほうがストレスが少ないのではないか?
 ウイルスが消滅したり、ワクチンが開発されたりすれば話は変わってくるのかもしれませんが。

 この本で面白かったのは、新型コロナが世界で猛威をふるうなか、「探検」に出かけていて、ほとんど人に会うこともなかった探検家の角幡唯介さんにもコメントを求めていたことでした。

 明日がどうなるかわからない、毎日が未知だ、と妻は言う。以前の世界なら日常とは未来を予期できる状態をいうはずだった。明日も明後日も、きっとこれまでと同じ日々が続くと期待できるからこそ、人は心安らかに暮らすことができる。逆にその予定調和的日常に飽き足りなさを覚えるから、私は非日常的な探検行を志向する。

しかしいつの間にやら、この位相は逆転し、未来予測のできない時間を求めていた私がじつはコロナ以前の予定のまま旅に出発して、逆に日常に生きていた他のすべての人々が、今日の前で何が起きるかわからないという未知なる現実に直面している。

「あなたは今、世界で一番安全な場所にいる」とも妻は言った。もちろん白熊はうようよしているし、海水に穴があいているかもしれない。だが、あと何日北進して村にはこれこれの日に戻れるかな、といった予測を私はもつことができていた。この状態こそ彼女がいう「世界で一番安全な場所」の意味であり、それは紛れもなくコロナ以前の世界の本質だったのだ。

 それでも54日間かけて1270キロほど犬橇で旅を続けた。カナダには入国できなかったものの、グリーンランド内で許される北限まで行き、5月11日に村に戻った。
 そして当然のことながら、その間も私と私以外の世界の間の乖離は大きく広がっていた。

 私が人間界を離れた54日間は、おそらく世界中がもっとも劇的に変貌した時期だったのだろうと推察するが、その間、何が起きたのか私はほとんど知らない。5日に1回、妻には電話連絡したが、バッテリー残量の問題で会話は必要最小限にとどめていた。村に戻ってからも、あまりの情報の多さに漁る気も起きず、結局、3週間たった今も、私はその間に世界がどうなったのか詳細を知らない。

 情報源は相変わらず妻との電話のみだ。村に帰り、妻から日本の現状を聞いたときは、大きな衝撃を受けた。マスクをしなければ街中を歩けないとか、不要不急の用で公共交通機関に乗ると批判されるとか、初めて聞くことばかりで、自粛警察だの他県ナンバー狩りだおん、殺伐とした言葉を耳にするたび私は慄(おのの)いた。

おのずと想像されたのは「感染すること/させること」が絶対悪とみなされ、それを破った者には容赦なきバッシングを浴びせ、排除する、恐るべきディストピア社会である。

 新型コロナウイルスの蔓延についての経緯や報道での情報を知らない立場にいた角幡さんにとっては、新型コロナ下の世界は『恐るべきディストピア』に感じられたのです。

 まあ、僕だって、2019年の年末に「来年の春にウイルスの流行で学校が軒並み休校になり、外出もなかなかできなくなるし、車で県外に移動すると猛烈に批判される」なんて言われたら、「それ、なんていうSF小説?」って笑ったはずです。

 でも、ずっと日本で生活している僕にとっては、「異常事態ではあるけれども、ディストピアというよりは、やるべきことをやっていたら、いつのまにかこうなっていた」という感じなのです。
 人は、そうやって「状況」を受け入れ、流されていくしかないのかもしれません。

 しかし、人がほとんどいない極地のほうが「安全」というのは、南極にいた人たちだけが生き残る、という設定の小松左京さんの『復活の日』みたいな話ですよね。

『サピエンス全史』『ホモ・デウス』の著者であるユヴァル・ノア・ハラリさんのコメントには、さすがに世界の知性だなあ、と感じました。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  2. 2

    トランプ氏罷免せず 判断を評価

    猪野 亨

  3. 3

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  4. 4

    官邸崩壊の足音 秘書官もう交代

    NEWSポストセブン

  5. 5

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  6. 6

    総額6.7兆円 不良債権回収の苦難

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    14歳以下のコロナ感染が増える仏

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    「病床に余力」医師提言に課題も

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    感染拡大の深刻さを認めぬ菅首相

    おくの総一郎

  10. 10

    母がマルチ商法に心酔 娘の悲劇

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。