記事
  • ロイター

ボーイングが操縦士採用へ、航空会社で737MAX操縦サポート


[シアトル 16日 ロイター] - 米ボーイングは、運航停止が解かれた737MAX機の速やかな商用運航再開を後押しするため、航空会社詰めの操縦士最大160人を採用する。事情に詳しい筋の話や採用資料で分かった。

737MAXは、インドネシアとエチオピアで墜落事故を起こし計346人の死者を出し、運航停止となっていたが、今年12月に米連邦航空局(FAA)は耐空証明を発行した。

関係筋によると、ボーイングは、航空会社で35日間、指導者やコックピット・オブザーバーとして働く人を雇う。この採用にかかる費用は3200万ドルとみられるという。

ロイターが入手した採用資料によると、職務は「飛行を含む、コンサルティング、顧客サポートの補助」。1000時間の指導経験、無事故・無違反、737などボーイング機の操縦資格などが応募資格とされている。

CCLアビエーション(本拠:英マン島)がボーイングからの委託で採用手続きを行う。

ボーイングはまた、世界5地域でサポートにあたる154人の「オンサイト・スペシャライズド・チーム」も編成。

航空会社が乗客に737MAXの安全性を説明するのに使う文書の作成で、航空会社数十社とすでに協議したという。

ボーイングの広報担当者は「737-8と737-9の安全な運航再開に向け、各国の規制当局や顧客と緊密な協力を続けている」と述べた。

CCLアビエーションのコメントは、現時点で得られていない。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相を吊し上げ 予算委の惨状

    青山まさゆき

  2. 2

    コロナで世帯数激減 23区の危機

    中川寛子

  3. 3

    河野大臣のTwitterに感じる恐怖

    文春オンライン

  4. 4

    絶望する今の日本を歓迎する人々

    NEWSポストセブン

  5. 5

    原監督と溝? 桑田氏G復帰に驚き

    WEDGE Infinity

  6. 6

    Kokiの大胆写真にキムタクは複雑

    文春オンライン

  7. 7

    安藤美姫が指導者にならない事情

    文春オンライン

  8. 8

    坂上忍に批判殺到「二枚舌だ」

    女性自身

  9. 9

    バイデン氏の大統領令に反発も

    My Big Apple NY

  10. 10

    医療崩壊への切り札封じる菅政権

    小西洋之

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。