記事

衆議院の解散を受けて

衆議院が解散されました。私は、議員定数削減を争点に、早期に解散すべきとかねがね主張していましたので、その意味では、覚悟をもって解散の詔勅を聞くことができました。

一方、民主党にとって、今回の選挙は大変厳しいものになることは自覚しています。この3年間を振り返ると、もちろん、できたこともたくさんありますが、期待外れの面が多々あることは、率直に認めなくてはなりません。とりわけ、民主党政権や政権交代に大きな期待を寄せていただいた皆さんにはお詫びをしなければなりません。

私は、財務省や内閣府、内閣官房といった国家の中枢部局で仕事をさせていただく機会に恵まれましたが、そんな中で、ほとんど仕事をしないにもかかわらず楽々と当選し続ける世襲政治家や、単なる業界団体の代弁者で、国民の利益ではなく利権に走るような自民党議員の姿を見てきました。

そんな保身や利権が跋扈する政治ではなく、我が国の行く末を憂う志(こころざし)と、官僚組織からも一目置かれるような能力を兼ね備えた青年政治家が集う新たな政治勢力を結集したい。私は、そんな已むに已まれぬ思いを持って、7年前、当時野党であった民主党から国政へのチャンレンジを決断しました。

しかし、初陣では落選。4年間の浪人時代を経て当選しましたが、この間、最初に抱いたこの思いは、今なお少しも変わりません。ただ、残念ながら、この3年間の民主党政権は、私が理想とした姿とはかけ離れていました。自民党以上に、年功序列やグループのバランスを重視した人事を行ったり、与党となり、あっという間に族議員化していく多くの先輩議員の姿には、失望を禁じえませんでした。

しかしながら、私は、この3年間、党内でも改革の最前線で働いてきた自負があります。自分自身が取り組んできた仕事に、なんら恥じるところはありません。例えば、しがらみを乗り越えて税金のムダづかいをなくそうと取り組んだ「事業仕分け」。様々なご批判もいただきましたが、あれほどまでに予算編成過程を透明化できたことは画期的です。これまでは、何が行われていたのか知る由もなかったので、批判さえできない状態でした。

また、総理が解散の条件として迫った議員定数削減についても、同僚議員とともに、党内で最前線に立って推し進めてきました。そもそも、「定数削減なくして増税なし。」の原則を、社会保障と税の一体改革「素案」の中に書き込ませたのは、私たち一期生有志の活動の結果です。メディアでは派手な反対のパフォーマンスをする先輩議員ばかりが取り上げられますが、地道に改革に取り組んでいる一期生の仲間が多数いることは、是非、知っていただきたいと思います。

私は、この間3年間を振り返って、近い将来、政界再編が不可欠との思いに至っています。現在の小選挙区制度の下では、考えが異なるのに選挙のために同じ政党にいたり、逆に、考えが同じなのに、違う政党に属しているがために無理に対立を演出したり。いずれも、国民にとっては分かりにくいし、意味がないと思っています。選挙の直前になって離党が絶えないのも、現在の政党という枠組みが、単なる選挙互助会的な要素しかないことを示しています。

今、多くの国民は、党派を超えて、志と能力のある仲間を結集して欲しいと望んでいると思います。そうだとしたら、有権者の皆様には、所属政党だけでなく、候補者個人の能力や実績、信念や志を、それぞれの選挙区で厳しく吟味していただくしかありません。党の看板や、党首の顔で選択してきた政治の結果がどうなるかは、今日の政治の現状を見れば明らかだと思います。単に袋についているマークではなく、袋に入っている中身を一つ一つチェックしていただきたいのです。

私自身、この選挙戦では、党のマニフェストだけではなく、自分なりの考えをしっかりと有権者の皆様に訴えていきたいと思います。同時に、政治にかける情熱や本気度をご理解いただけるよう、情報発信に努めて参ります。

多党が乱立する今回の選挙を乗り越えた先には、新たな政治の枠組みができてくると信じていますし、そうしなければ、日本は沈没してしまいます。その新たな政治のフィールドに立てるよう、自らが正しい信じる思いを有権者の皆様にぶつけ、正々堂々と審判を仰ぐ覚悟です。どうか、ご支援、ご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。

あわせて読みたい

「衆議院選挙2012」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    質疑から逃げた立民は論外だが、自民党も改憲やる気なし。不誠実な憲法審査会の結末

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月07日 10:21

  2. 2

    病床ひっ迫で入院厳しく…「来た時点で肺が真っ白」 大阪の医師が警鐘「第3波以前とは全く別の病気という印象」

    ABEMA TIMES

    05月07日 08:12

  3. 3

    格差問題の必然性

    ヒロ

    05月07日 11:19

  4. 4

    「コカ・コーラは永久不滅!」雅楽師の東儀秀樹が深い”コーラ愛”を語る

    ふかぼりメメント

    05月08日 00:00

  5. 5

    総選挙前に自民党総裁選? 安倍晋三元首相が再登板の可能性

    内田樹

    05月07日 14:46

  6. 6

    「日本を食い物にする」無責任IOCに批判殺到…世界からも続々

    女性自身

    05月07日 13:46

  7. 7

    「首相も都知事もリアルな社会人の生活を理解してない」 "間引き運転"で露呈した政治家たちの「わかってない」感

    キャリコネニュース

    05月07日 09:14

  8. 8

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  9. 9

    朝ごはんの器で1日が変わる コロナ禍で“食”を見つめ直すきっかけに

    羽柴観子

    05月07日 08:40

  10. 10

    今も裁判で「三女アーチャリー」として…松本麗華氏を25年間も縛り続けるオウム真理教

    松本麗華

    05月06日 15:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。