記事
  • ロイター

米FRB、豪韓など9中銀とのスワップ協定を来年9月末まで延長


[ワシントン 16日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受けた流動性逼迫を緩和するため、3月に9カ国の中央銀行と締結した通貨スワップ協定を2021年9月30日まで延長する。

FRBは3月、パンデミックで世界的にドルの資金調達ニーズが高まる中、オーストラリア、ブラジル、韓国、メキシコ、シンガポール、スウェーデンの中銀と各600億ドル、デンマーク、ノルウェー、ニュージーランドの中銀と各300億ドルのスワップ協定を締結した。

FRBはまた、さらに多くの中銀に対し、米国債を担保に差し入れることを条件にドルを供給している。

FRBは日銀や欧州中央銀行(ECB)など一部の主要中銀との通貨スワップ協定は恒常的に維持している。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  2. 2

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  3. 3

    菅首相は玉木氏提案を受け入れよ

    早川忠孝

  4. 4

    家計が炎上した年収1000万円夫婦

    PRESIDENT Online

  5. 5

    広島県の大規模PCR検査は愚行

    青山まさゆき

  6. 6

    今の改正案では医療崩壊を防げぬ

    玉木雄一郎

  7. 7

    非現金決済は差別? 米社会で変化

    後藤文俊

  8. 8

    時短従わぬ店への過料は「違憲」

    猪野 亨

  9. 9

    慰安婦判決は異常 迷走する韓国

    コクバ幸之助

  10. 10

    全米ライフル協会 破産を申請へ

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。