記事

「萌えキャラが公の場に出る時は“一枚羽織る”べき」波紋を呼んだフェミニストの提案 - 坂爪 真吾

 露出度の高い女性の萌えキャラが、キャンペーンのポスターやCM、テレビ番組などの公の場に出る時は、TPOをわきまえて「一枚羽織る」べきなのか。

【写真】この記事の写真を見る(3枚)

 2020年12月5日(土)に開催されたオンラインイベント『シン・これからの「フェミニズム」を考える白熱討論会(#シンこれフェミ)』では、この問いをめぐって、ネット論客とフェミニストの間で議論が行われた。

相次ぐ「萌えキャラ」炎上

 ここ数年、「性差別的な表現」であるとみなされた企業のCMやポスター、自治体のキャンペーンがSNS上で炎上する事件が頻繁に起こっている。

 その中でも、いわゆる「萌えキャラ」に関する論争は、「女性の身体を過度に性的に描いた表現を、公の場に出すことが許せない」という人たちと、「萌え絵に難癖をつけて炎上させ、表現の自由を侵害しようとするフェミニストが許せない」という人たちの間で激しい対立が生じている。議論という次元を超えて、意見の異なる相手に対する誹謗中傷やデマの拡散、ネットリンチのような状況に至ってしまうケースも増えてきている。


©iStock.com

 今回のイベントは、こうした状況に歯止めをかけるため、両者の対話の場を作ることを目指して開催された。

 ゲストは、表現の自由を重んじる立場に立つネット論客の青識亜論(せいしき・あろん)さん、そしてポストフェミニズムという視点から若い世代の性別役割分業や性行動の意識調査、SNSにおけるハッシュタグ・ムーブメントなどの分析をされている研究者でフェミニストの高橋幸(たかはし・ゆき)さん。私はイベントの主催者兼司会として、進行役を務めた。

「傷ついているのは女性だけではない」

「萌えキャラに一枚羽織らせる」ことは、表現の自由を守りたい人たちからすれば、キャラクターや作品の世界観を破壊する表現規制に他ならない。公の場に出ている萌えキャラを見ることで、「自分たちの好きなものが公に認めてもらえた」と感じているオタクにとっても、許せないものになる。

 こうした点を踏まえて、青識さんは「そもそも、萌えキャラが自治体や公共団体のキャンペーンに起用される背景には、その自治体が作品の舞台であるという文脈や、ファンとのつながりなどの歴史がある。そうした文脈や歴史を無視して、『性差別』という言葉で一方的に批判して炎上させることに意味があるとは思えない」「自分の好きな作品や表現を炎上させられるということが、受傷を伴う主観的経験=『傷つき』であることを知ってほしい」「傷ついているのは女性だけではない。オタクもまた、被害者である」と主張した。

対するフェミニストの主張は……

 高橋さんは、「フェミニストの多くは、萌えキャラを広告にするのが悪いとは全く思っていない」と述べた上で、「女性にとっての性的自由とは、本人が望むような形で性的対象化されることだけでなく、本人が望まないような形での性的対象化を避けることも含まれる。フェミニストは、性別ステレオタイプ(性別役割分業)を描いた表現や、女性の身体を過度に性的に描いている表現は、後者の性的自由を守る観点から、抑制してほしいと思っている。広告において、どのような性表現は良くて、何がよくないのかを、話し合いを通して、明瞭にできるところまで明瞭にしたい」と主張した。

 性表現の基準をめぐる議論になった際、「一枚羽織らせる」ことを擁護する立場の高橋さんの意見に対して、チャットでは「公的な場で女性の服装を縛るのがフェミニズム?」「公的な場だから女は一枚羽織れって、保守的な頑固オヤジと同じでは」などの書き込みがなされ、ツイッターで議論を実況していた人たちからも批判的な意見が溢れた。「萌えキャラが上着を着たところで、私の権利が何か守られるんですか?」という女性からの声もあった。

 高橋さん自身は、「さっきから、校則にうるさい風紀委員みたいな発言ばかりになってしまっているよね……」と苦笑しつつも、性別ステレオタイプや性差別を助長する可能性のある表現を批判する、というスタンスは一切曲げなかった。

 女性の性的自由を守りたいフェミニストの視点から見れば、萌えキャラに「一枚羽織らせる」ことは、現実的な解決策だと言えるかもしれない。決して「萌えキャラを公の場に出すな」と言っているわけでもない。

フェミニストとオタクは共生できる?

 しかし、一部の女性にとって「公の場で認めてほしくない」=自分が社会的に疎外されている、モノ扱いされていると感じる表現は、オタクにとって「公の場で認めてほしい」=自分が社会的に包摂されたと実感できる表現になる場合もある。

 女性の性的自由と表現の自由、二つの自由がぶつかり合う中で生じた対立は、どれだけお互いの信じる正義をぶつけ合ったとしても、埋まるものではないだろう。

 フェミニストとオタクとの間で、萌えキャラをめぐる終わりのない戦いがSNS上で繰り返されている現状に対して、高橋さんは、「両者が話し合いのできる回路を開いておく必要がある。今回のイベントの目的はここにあると、私は理解している」と主張する。青識さんは、「オタクも非モテもフェミニストも、いずれかの存在が無くなるということはありえない。共生のルールは、対話で作るのが最善」と主張する。

 対話のためには、お互いの心情や発言の文脈、大切にしている価値観と歴史を共有する場が必要になる。同じ時間と空間の中で、「萌えキャラに一枚羽織らせること」もしくは「羽織らせないこと」によって、自分たちがどんな気持ちになるのかを、相手に伝わる言葉で言語化していく必要があるだろう。

 今回のイベントによって、公の場での性表現をめぐるフェミニストとオタクの対立が解消された、というわけでは全くない。両者を納得させる明瞭な基準や明快な答えが出たわけでもない。イベントの最中、そして終了後も、ツイッター上では双方の陣営に対する批判的な意見が飛び交っていた。

 その一方で、「面白かった」「終始勉強になった」「遠回りでも地道にやるべきことをやっていく、これは間違っていないよね」など、こうした場が設けられたこと自体を評価する声も数多くツイートされた。17時に始まったイベントは、本編が終わった20時以降も参加者からの質問や意見が殺到し、日付の変わった深夜25時過ぎまで質疑応答が続いた。

「ヤバそうな人だと思っていたけれど……」

 萌えキャラと公の場での性表現をめぐる問題に関して、意見の異なる相手に自分の気持ちを伝えたい人、意見の異なる相手の気持ちを知りたいと考えている人が、これほどまでにたくさんいたことに、改めて驚かされた。これまでお互いに話し合える場が存在しなかったことで、どれだけ多くの不要な対立が起こり、どれだけ多くの人が傷ついてしまったのだろうか。

 質疑応答の中で、普段ツイッターのアカウントを通してしかやりとりしていない人たちが、お互いの生の声を聴いたことで、「この人、こんな声をしていたのか」「ヤバそうな人だと思っていたけれど、意外と話せるじゃないか」という感想が飛び交う場面もあった。

 共生のルールをつくるために必要なことは、「萌えキャラに一枚羽織らせること」でもなければ、「一枚羽織らせるべきと主張する人を叩くこと」でもないだろう。

 お互いに顔を突き合わせて意見を交換し合い、既成事実としての対話を積み重ねていくこと。そうした中から、公の場でのジェンダーや性表現をめぐる議論がますます重要になっていくこれからの時代に必要な、新しい「フェミニズム」の姿が浮かび上がってくるのではないだろうか。

(坂爪 真吾)

トピックス

ランキング

  1. 1

    内側から見た西野サロンの炎上

    森山たつを / もりぞお

  2. 2

    「支持できない」枝野代表に直撃

    たかまつなな

  3. 3

    生活保護を含め制度改善が必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    裕福な高齢者層 TVは消費を煽れ

    毒蝮三太夫

  5. 5

    マルチで家庭崩壊…勧誘法に愕然

    fujipon

  6. 6

    ゲームストップ株暴騰 市場の宴

    ヒロ

  7. 7

    神社の行事負担に町内会「限界」

    紙屋高雪

  8. 8

    銀座クラブ報道に蓮舫氏「迷惑」

    立憲民主党

  9. 9

    通勤電車に触れぬマスコミの事情

    川北英隆

  10. 10

    菅首相を推した田原氏が語る失望

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。