記事
  • ロイター

コロナワクチン、米で早くも輸送上のトラブル 製造面での課題も


[16日 ロイター] - 米ファイザー独ビオンテックと共同開発した新型コロナウイルスワクチンの接種が14日に始まった米国で、ワクチンが過度に低い温度で保管され使用できなくなるなどの輸送上のトラブルが出ていることが16日、当局者の話で明らかになった。

ファイザー製ワクチンはセ氏マイナス70度前後で保管する必要があるが、当局者によると、カリフォルニア州で保管温度がセ氏マイナス80度以下に下がり、使用できなくなった。

また、アザー厚生長官によると、ファイザーはワクチン製造上の課題について報告。「ファイザーが米国民のためにワクチンを製造できるよう、政府は手厚く支援していく」と述べた。

ファイザーのブーラ最高経営責任者(CEO)は今週に入り、CNBCに対し、「深刻な供給上の限度」の一部を解消するために、防衛生産法の適用を政府に要請すると述べていた。

ただブーラCEOは具体的には何も語っておらず、当局者もどのような製造上の課題が存在しているのか明らかにしていない。

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    毎日が40億円超減資で中小企業に

    岸慶太

  2. 2

    嬢告白 おっぱいクラスターの今

    文春オンライン

  3. 3

    全米ライフル協会 なぜ破産申請?

    SmartFLASH

  4. 4

    菅首相「あとは実行あるのみ」

    菅義偉

  5. 5

    真面目ゆえ命落とすナチス収容所

    紙屋高雪

  6. 6

    清田コロナ不倫 球界も冷たい目

    WEDGE Infinity

  7. 7

    自民党内で菅政権を見限る動き

    NEWSポストセブン

  8. 8

    鼻出しマスク失格は明らかに不当

    青山まさゆき

  9. 9

    海外の超富裕層が集まるニセコ

    fujipon

  10. 10

    キャバが時短無視する本当の理由

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。