記事
  • ロイター

ドイツGDP、来年の伸び率見通しを4.2%に下方修正=IFO


[ベルリン 16日 ロイター] - ドイツのIFO経済研究所は16日、新型コロナウイルス感染拡大第2波に伴うロックダウン(都市封鎖)強化を受け、来年の国内総生産(GDP)伸び率見通しを従来の5.1%から4.2%に下方修正した。

一方、2022年については、1.7%から2.5%に上方修正した。

ドイツでは11月2日に導入されたロックダウン措置が今月16日に強化され、大半の店舗が閉鎖された。

IFOのチーフエコノミスト、ティモ・ボルマーショイザー氏は「国内外の店舗閉鎖により回復は遅れている」と説明。そのため、モノとサービスの生産は2021年末まで危機前の水準に戻らない見通し。

ロックダウンの結果、IFOはドイツ経済が今年第4・四半期にマイナス成長になると予想。今年全体ではカレンダー効果調整前ベースで5.1%縮小するとみている。

これらの予想は11月2日からのロックダウン措置については考慮されているものの、今月16日からの措置強化の影響は盛り込まれていないという。

IFOはロックダウン措置が来年3月末まで維持されると予想。4月から徐々に緩和され、夏までには完全に解除されると見込んでいる。

IFOによると、輸出は今年が9.7%減少するものの、来年は8.8%増加すると予想。輸入は今年が8.7%減少し、来年が6.8%増加すると見込んでいる。ドイツの比較的規模が大きい経常黒字はさらに拡大する見通し。

トピックス

ランキング

  1. 1

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  2. 2

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  3. 3

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    伊藤忠変えた利益追求のカリスマ

    ヒロ

  5. 5

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  6. 6

    司法試験 受験者数763人減は深刻

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  7. 7

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  8. 8

    なぜ国会議員は居眠りするのか

    千正康裕

  9. 9

    20年後の日本は「超独身大国」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。