記事

包丁を持つ「被害者」は、DV被害者か

1/2

■ DVの捉え方

共同親権に社会が向かうとき、DV加害者にとってそれ(共同親権)はDVターゲット(被害者)を加害者が発見しやすいとDV支援者はいう。

そのため、それを理由にして、DV支援者は共同親権に反対し、現在の単独親権に執着する。

動機はDV加害者へのそうした警戒であるが、その単独親権への執着がエスカレートし、離婚支援の「技術」として「子どものabduction アブダクション/拉致」が定式化された。

アブダクションの理由とてして「虚偽DV」が確立され、それを助けるように女性支援センター等での「相談記録」のみでDVという事実が確立される。

その、「虚偽DV→子どものアブダクション」の被害にあった別居親たちが、現在は徐々に名乗りをあげて訴えている段階だ。

こうした理不尽のもとには、「DV/ドメスティックバイエレンス」の捉え方がある。

現在、DVは児童虐待と同じように、「心理的」「経済的」「無視(ネグレクト)」のようにその「暴力」のあり方が拡大されて捉えられている。

その拡大方針には僕は賛成だ。これまでの社会は「暴力」や「傷つき/トラウマ」に対してあまりにも寛容で、現実の肉体と肉体が衝突するそれ(性暴力含む)を、主として暴力と捉えてきた。

だが、哲学的には、「主体」や「自我」が強引に何か(「他者」)をカテゴライズすることが暴力だとされる。

暴力とはそれほどナイーブなものであり、主体が強引に行なう事象(怒鳴る、無視する、懲罰としてカネを与えない)はすべて暴力になる。

■ その暴力はいつも一方通行なのか

そんな、「主体による刻印」としての暴力のあり方と同時に、

「その暴力はいつも一方通行なのか」

という問いを僕はこれまでずっと考えてきた。

たとえば誰がが誰かを殴る場面を想定してみると、2人が対峙している時に、いきなり一方が一方を殴ることはほぼない(見知らぬ他人への衝動殺人くらいか)。

多くは、口論(心理的暴力)がその身体的暴力の前に続いていたはずだ。

そして、何かのきっかけで「手が出る」。その「手が出る」手前の時点で、心理的暴力(怒鳴り合い)が多くの場合は発生している。また、その心理的暴力が発生する前の段階では、何日にもわたる無視/ネグレクトもあるだろう。

そのネグレクトに追い討ちをかけるために経済的DVも、「水責め」のようにして発生することがあると思う。

経済的暴力を黙って受ける人もいれば、心理的暴力(怒声)で逆襲する場合もある。

そのような、いくつもの「暴力」が重なって身体的暴力に到達するが、その身体的暴力の場面においても、殴られっぱなしでありながらも怒鳴り返す人もいると思う。また、一方的に怒鳴られながらも、殴られている間「黙ってにらみ続ける(ある種のネグレクト)」人もいると思う。

あるいは、殴られた後、衝動的にキッチンに走っていき、包丁を構える「被害者」もいる。

あわせて読みたい

「DV」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    清田コロナ不倫 球界も冷たい目

    WEDGE Infinity

  2. 2

    議員の保身? デジタル化せぬ国会

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    急患止めざるを得ない病院の悲鳴

    田中龍作

  4. 4

    真面目ゆえ命落とすナチス収容所

    紙屋高雪

  5. 5

    共通テスト 鼻マスクで1人失格に

    ABEMA TIMES

  6. 6

    Amazon書籍レビューは中身より数

    Chikirin

  7. 7

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  8. 8

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  9. 9

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  10. 10

    官邸崩壊の足音 秘書官もう交代

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。