記事

インフレなど、あり得ない!

世界の経済学者のほとんどが、インフレなど起こり得ないという方向で、考えは一致している。

まして、コロナ禍の第2波、第3波で生活消費を中心にして経済活動は大きな打撃を受けている。

いまや、インフレ警戒感どころか、むしろデフレ経済へと落ち込んでいく懸念さえ高まっている。

ここは、経済のデフレ化を防ぐためにも、とにかく資金を大量に供給すべし。

インフレなど起こり得ないから、いくら金融緩和しても構わない。 そんなところだろう。

たしかに、現状をみる限りインフレの心配などせず、経済の立て直しに財政支出を拡大や一層の資金供給すべしとなろう。

現状とその対応に関していうなら、それでいいのかもしれない。 データでいくらでも裏付けられる。

ただし、その先でどんな現象が待ち構えているかについては、どの学者もそれほど考えていないようだ。

というか、未知の経験ゾーンに対する洞察力が、まったくといっていほど働いていない。

マイナス金利に突入するほどの金融緩和も、これだけ資金を大量供給するのも、人類の歴史で初めてのこと。

それらが、世界の経済活動に一体どんな展開や結果をもたらすのか、まさに未知の体験となる。

さあ、どうなっていくのか? こういった時には、常識でもってひとつひとつを洗い直してみるといい。

まず、これだけ大量に資金をそれこそ湯水のようにばら撒いてきたのだから、お金の価値は間違いなく下がっているはず。

かといって、物価はさっぱり上がってこないし、インフレのイの字も感じられない。

それに安心して、人々は価値が下がり続けているマネーから、モノへのシフトを急ごうとしない。

そういった状況に、果たして人々はいつまで安穏としていれるだろうか?

物価が落ち着いているのをいいことに、価値の下がっているマネーを抱え続けているものの、それが将来の安心につながっていくのか?

どこかで、このままで大丈夫だろうか、なにか対策を講じておくべきでは、といった自問自答が高まってこよう。

だからといって、バブル高している株式市場に飛び込んでいくのには、躊躇してしまう。

では、どう対処していくのか? この潜在意識は、人々の間で静かに燃え広がっているはずである。

そう、お金の価値が下がっているのだから、お金をなにかにシフトさせて資産防衛しなければの意識は、人々の間でどんどん高まってこよう。

そのエネルギーが突出する時が、インフレの火が燃え上がるということになるのだろう。

あわせて読みたい

「インフレ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    KDDI「povo」への批判はお門違い

    自由人

  2. 2

    PCR検査で莫大な利益得る医院も

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    橋下氏 いま日本は「欠陥の車」

    橋下徹

  4. 4

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  5. 5

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  6. 6

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  7. 7

    広島県の大規模PCR検査は愚行

    青山まさゆき

  8. 8

    青学・原監督の改革を学連は黙殺

    文春オンライン

  9. 9

    慰安婦判決は異常 迷走する韓国

    コクバ幸之助

  10. 10

    コロナ偏見を生む報道を抑制せよ

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。