記事
  • ロイター

米政府、シャワーの省エネ基準緩和 洗髪巡りトランプ氏が苦情


[ワシントン 15日 ロイター] - 米エネルギー省は15日、消費者向け製品や家電のエネルギー基準を緩和する2つの規則をまとめた。これにはトランプ大統領が髪をきれいに洗うには水圧が不十分だと不満をもらしていたシャワーヘッドに関する規則が含まれる。

石油やガス、石炭の生産・消費を制限する規則の転換を目指すトランプ政権の取り組みの一環。

トランプ氏は7月にホワイトハウスで行われたイベントで、シャワーの水圧が自分の好みよりも弱いと指摘。「どうするのか。シャワーを浴びる時間を長くするのか。あなた方がどうかは知らないが、私の髪はパーフェクトでなければならない」と語った。

トランプ氏は昨年には、規制当局が環境保全規則の見直しにあたり、シンクや蛇口、トイレに関して調査しているとし、「トイレの水を流す頻度が1回で済むところ、その10倍や15倍になっている」と述べていた。

今回の規則変更により、シャワーには吐水量が毎分9.4リットルのヘッドを取り付けることが可能になる。この基準はジョージ・H・W・ブッシュ大統領時代の1992年に議会が制定したもの。

エネルギー省のブルイエット長官は「米国民は個人や家庭のニーズに最も適した製品を選択することが可能になる」と述べた。

一方、環境保護団体は、エネルギー基準の緩和により光熱費がかさむ上、エネルギーの過剰消費につながると警告している。

トピックス

ランキング

  1. 1

    雇用保険を否定? 厚労省の暴言

    田中龍作

  2. 2

    石破氏 コロナ報道に強い違和感

    石破茂

  3. 3

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  4. 4

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  5. 5

    京都市財政難 寺社の協力不可欠

    川北英隆

  6. 6

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  7. 7

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  8. 8

    立民の「首相答弁が短い」は難癖

    鈴木宗男

  9. 9

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  10. 10

    伊藤忠変えた利益追求のカリスマ

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。