記事
  • ロイター

株取引アプリ米ロビンフッド、米規制対象の中国証券の扱い中止へ


[15日 ロイター] - 株式取引アプリ運営の米ロビンフッド・マーケッツは、大統領令による投資規制の影響を受ける中国企業の証券の扱いを1月4日から中止すると顧客に通知した。

中国移動(チャイナモバイル)、中国電信(チャイナテレコム)、中芯国際集成電路製造(SMIC)などが対象に含まれる。

15日付の広報担当者のメールによると、これらの株はポジションを手じまうための売りのみが引き続き可能になるが、追加購入はできなくなる。

顧客が何も対応しない場合、来年11月11日までアプリに残り、その後は会社側が売却し、売却代金を顧客の口座に入れることになるとした。

先月公表された大統領令は、国内の投資家が来年11月以降に中国軍とつながりがあるとみなす中国企業の証券を購入することを禁じている。

これを受けて指数算出大手のS&Pダウ・ジョーンズ・インデックス、 ナスダック、MSCIは当該企業を指数から除外する方針を示している。

トピックス

ランキング

  1. 1

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  2. 2

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  3. 3

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  4. 4

    詐欺横行の英国でワクチン接種へ

    小林恭子

  5. 5

    理にかなった皇居の関西移転論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    二階氏に「引退して」と批判殺到

    女性自身

  7. 7

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    ラブリから性被害 女性が告発

    文春オンライン

  9. 9

    五輪中止なら湾岸タワマン暴落か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    荒れるYahooコメ欄 仕方ないのか

    たかまつなな

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。