記事
  • ロイター

MSCI、中国企業7社を一部指数から除外へ 米規制受け


[ボストン/ワシントン/シンガポール 16日 ロイター] - 指数算出会社MSCIは15日、中国企業7社を一部の指数から除外すると発表した。米国の規制受けた措置。

一方、これらの企業の株式を維持した指数の新バージョンを複数立ち上げる方針を示した。

MSCIの発表によると、除外対象には中芯国際集成電路製造(SMIC)、中国交通建設や杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)が含まれる。

中国軍とつながりがあると見なされる中国企業への投資を禁じるトランプ米政権の措置を受け、他の指数算出大手も当該企業を指数から除外する方針を示している。

16日のアジア市場で除外対象株は小幅に下落。ハイクビジョンは1.4%安となった。同社は米規制対象リストへの指定は「根拠がない」と主張してきた。

ホワイトハウスはロイターに対する声明で、MSCIの決定を歓迎する立場を示した。

米国家安全保障会議(NSC)の報道官は「米投資家は何年にもわたり、知らないうちに中国軍関連企業に資金を提供してきた。これらの企業は(人民解放軍が)米軍人を脅かす手助けをしている」と指摘。「トランプ大統領の指揮の下、こうした状況は終わる」と述べた。

MSCIは自社の決定について、米国内外の100を超える市場関係者の意見を踏まえたと説明した。

除外は来年1月5日の取引終了をもって実施する。規制対象企業の子会社や関連会社は、指数から除外しない。

米政府が規制対象企業を変更した場合、将来的に指数から除外する可能性があるとした。

MSCIが除外対象の中国企業の株式を維持する新たな指数を立ち上げる方針を示したことについて、投資家は役に立つ可能性はあるとしながらも、指標としての利用がどれだけ広がるかに左右されると指摘。

GFMアセットマネジメント(香港)のマネジングディレクター、タリク・デニソン氏は「米以外の多くの投資家は対象株を維持する新指数を自由に活用できるが、いずれにせよ米国の大手投資会社のやり方に従うことになるだろう」と予想した。

MSCIが除外する7社は他に、中国鉄建、チャイナ・スペースサット(中国東方紅衛星股分有限公司)、中国中車、曙光信息産業(ドーニング・インフォメーション・インダストリー)。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    清田コロナ不倫 球界も冷たい目

    WEDGE Infinity

  2. 2

    議員の保身? デジタル化せぬ国会

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    急患止めざるを得ない病院の悲鳴

    田中龍作

  4. 4

    真面目ゆえ命落とすナチス収容所

    紙屋高雪

  5. 5

    共通テスト 鼻マスクで1人失格に

    ABEMA TIMES

  6. 6

    Amazon書籍レビューは中身より数

    Chikirin

  7. 7

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  8. 8

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  9. 9

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  10. 10

    官邸崩壊の足音 秘書官もう交代

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。