記事
  • ロイター

東京マーケット・サマリー(15日)

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円

午後5時現在 104.05/07 1.2135/39 126.28/32

NY午後5時 104.03/06 1.2143/46 126.33/37

午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の104円前半。前日海外市場の反発地合いは続かなかった。

<株式市場>

日経平均 26687.84円 (44.60円安)

安値─高値   26605.54円─26736.84円

東証出来高 11億1825万株

東証売買代金 2兆2219億円

東京株式市場で日経平均は、小反落。新型コロナウイルスの感染拡大が引き続き懸念されているほか、米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えているため、全体的に模様眺めとなった。

東証1部の騰落数は、値上がり894銘柄に対し、値下がりが1177銘柄、変わらずが110銘柄だった。

<短期金融市場> 

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.023%

ユーロ円金先(21年3月限) 100.045 (変わらず)

安値─高値 100.045─100.050

3カ月物TB ───

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.023%になった。前営業日(マイナス0.028%)を上回った。「積み最終日で大手銀行の一部が調達に動いた」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は横ばい。

<円債市場> 

国債先物・21年3月限 152.16 (+0.04)

安値─高値 152.12─152.17

10年長期金利(日本相互証券引け値) 0.000% (-0.010)

安値─高値 0.005─0.000%

国債先物中心限月3月限は前営業日比4銭高の152円16銭と続伸して取引を終えた。日米中銀会合などイベントを控え動意が乏しかったが、好需給を背景に10年最長期国債利回り(長期金利)の引け値は、前営業日比1bp低下の0.000%。

<スワップ市場・気配> 

2年物 -0.00─-0.10

3年物 -0.00─-0.10

4年物 -0.00─-0.10

5年物 0.00─-0.09

7年物 0.02─-0.07

10年物 0.08─-0.02

トピックス

ランキング

  1. 1

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    マニアが絶賛 無印カレーの凄さ

    文春オンライン

  4. 4

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  5. 5

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  6. 6

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  7. 7

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

  8. 8

    非正規が休業手当貰えぬカラクリ

    田中龍作

  9. 9

    起業に求めてはならぬカネと安定

    ヒロ

  10. 10

    現場から乖離した教育学の問題点

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。