記事

「4人に1人が接種拒否」そんな若者のせいで英国のワクチン計画が大ピンチ

1/2

ついに英国で新型コロナウイルスのワクチン接種が始まった。しかし、4人に1人が「受けたくない」と回答しており、特に若者の間でワクチンへの興味は冷ややかだという。いったい現地で何が起きているのか。在英ジャーナリストのさかいもとみ氏が解説する――。

英国のボリス・ジョンソン首相英国のボリス・ジョンソン首相 - 写真=AFP/時事通信

日本も供給予定のワクチンが初承認

世界に先駆け、英政府の認可機関「医薬品・医療製品規制庁(MHRA)」が承認したのは、米製薬大手ファイザーとドイツのビオンテック(BioNTech)というバイオ医薬品会社が共同開発したワクチン「BNT162b2」だ。4000万回分(2000万人分)を発注しており、日本でも2021年に供給を予定している。

英政府は最初の入荷分である80万回分が到着してまもなく、12月8日から英国全土で接種を開始。最初の週だけで数万人がワクチン接種を終えている。しかし、国の計画によると、「全員接種」を目指すのではなく、「当面の対象は50歳以上でそれ未満は全く白紙」という対応となった。

接種計画から排除される格好となった若者たちは目下、どういう反応を見せているのだろうか。

死亡者数が6万人に達する深刻な状況

英国では3月から5月にかけて、ケアホーム(老人ホーム)のスタッフが外部から持ち込んだウイルスで感染が広がり、多くの老人が命を落とした。死因がコロナウイルス感染という例も多いが、コロナ禍で他の疾患への治療が十分に受けられず結果として亡くなったケースもあった。

英政府がワクチンの使用承認を急いだ背景としては、これらケアホームでの感染を食い止め、死者や重篤患者の発生を最小限に抑えたいという考えによる。

英国では新型コロナウイルスによる死者は12月4日、ついに累計6万人の大台を突破、今も1日当たりで300人前後が亡くなっている。

「英国がワクチン使用承認一番乗り」となれた背景には、英国の欧州連合(EU)からの離脱「ブレグジット」も大きく関係している。もともと英国で使われる医薬品は、EUの機関の一つである「欧州医薬品庁(EMA)」の承認を得たのち、使用が許可される格好となっている。

ところが英国がすでにEUからの脱退を正式に決めており、今年いっぱいは移行期間に当てられている。英保健省は11月末、EMAの決定を待たずに英国の独自機関「医薬品・医療製品規制庁(MHRA)」がワクチンを承認できるよう特別ルールを発動していた。

マイナス70度で保冷、GPSもつける厳重ぶり

最初の到着分はイングランド各地に設けられる50カ所を含む英国全土の医療機関等計70カ所の「ワクチン接種ハブ」に運ばれ、12月8日には一般市民への接種が始まった。

「BNT162b2」の保存にはマイナス70℃(許容範囲は±10℃)の環境が必要で、ドライアイスが入った専用の保冷箱にワクチンを975本ずつ詰めて出荷されている。この保冷箱には、温度だけではなく箱の現在地を常に追跡するためのGPS付き温度センサーが付いており、万一、強奪や紛失があっても追える仕組みが整っている。

保冷箱に入ったワクチンの使用期限は10日間とされる。ただ、ドライアイスを追加すれば最大30日まで使用期限を延ばせるほか、ファイザー社によれば「解凍後は、冷蔵条件(2~8℃)で最大5日間保存できる」とのことだ。しかし、受け取る側となる英国の保健当局は「一度箱を開けてしまうと、温度管理が難しい」と考えており、当面は「ワクチン接種ハブ」での接種を優先するという。

いくつから受けられる?接種の順番は

では、これらのワクチンが入荷した後、どんな順番で接種が進んでいくのだろうか。

病院※写真はイメージです - 写真=iStock.com/sudok1

ワクチン接種の優先順位

1番目:ケアホームの入居者(40万人)と職員(150万人)
2番目:80歳以上の国民(330万人)、医療・ソーシャルケア従事者(70万人)
3番目:75歳以上の国民(220万人)
4番目:70歳以上の国民(330万人)、重篤な基礎疾患がある者
5番目:65歳以上の国民(340万人)
6番目:16~64歳で、コロナにかかると既往症の悪化もしくは死亡に至るリスクのある者
7番目:60歳以上の国民(370万人)
8番目:55歳以上の国民(430万人)
9番目:50歳以上の国民(470万人)

「ワクチン接種の第1段階(Phase I)」における接種を受ける順番は、予防接種・免疫合同委員会(JCVI)が推奨し、政府が決定することになっている。ただ、現状のケアホームへの配送システムでは、低温を維持したまま、必要な本数ずつに分けて配布するのは困難と判断。当面は「ワクチン接種ハブ」に行ける高齢者や医療従事者等への接種を進めている。

また、接種2週目となった14日には、一部のかかりつけ医のいる小規模なクリニックでの接種も始まった。

若年層への接種は未定

では、ケアホームにいる入所者への接種はどうなるのだろうか。

今の見通しでは、ファイザー製ワクチンの適切な分配方法について検討を進める一方、本格的な接種実施には、輸送時の温度管理が厳しくない、オックスフォード大学と英製薬大手アストラゼネカが開発を進めるワクチンの承認が待たれるところだ。

英国へのワクチン第2便以降の到着スケジュールは明確になっていない。マット・ハンコック保健・社会福祉相は「12月中にさらに数百万本が届く」としているが、接種を行う医療機関等への配布は年明けになる見込みだ。英スカイニュースは、「50歳以上の接種(つまり、第1段階全体)は来年4月をメドに完了するとの見通し」と伝えている。

つまり、この施策で進むとなると、当面50歳未満の健常者には接種の機会が与えられない。英保健省は、年長者から接種を進め、優先順位9番目となる50歳以上の国民への接種まで済ませられれば「コロナによる死亡者を99%防げる」との見方を示しているからだ。

若年層向けには「ウイルスの安全性をさらに確かめてから実施する」との考えを示しているにとどまり、現状では全国民へのワクチン接種完了への道筋は立っていない。

4人に1人が「受けたくない」と回答

こうした事実が明るみに出る中、筆者は若者たちが「接種できないことに対する不満」をどうぶつけてくるのか、手を尽くして探してみたところ、全く予想外の声が聞こえてきた。

曰く、「コロナにかかったとしても軽症で終わる」、「感染対策をしっかりしているので不安はない」、「陽性者追跡アプリを入れているが、実際に陽性者が引っかかってきたことがないので、コロナが差し迫った身近なものとは思えない」など、ワクチン接種への興味が感じられる答えは聞かれなかった。

ロンドン市役所が行った市民を対象としたワクチンの接種に対するアンケートの結果を改めて読んでみた。それによると、「ワクチンを受けたい」との回答は66%にとどまる一方、「受けたくない」との答えは25%近くに上っている。また、「受けたくない」との回答者のうち、およそ半数は「政府の接種ガイダンスが信じられない」または「製薬会社が信用できない」のどちらかを答えたという。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  2. 2

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  3. 3

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  4. 4

    伊藤忠変えた利益追求のカリスマ

    ヒロ

  5. 5

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  7. 7

    司法試験 受験者数763人減は深刻

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  8. 8

    なぜ国会議員は居眠りするのか

    千正康裕

  9. 9

    20年後の日本は「超独身大国」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。