記事
  • ロイター

英、悪質コンテンツ対策不備なら罰金 交流サイトに新規制案

[ロンドン 15日 ロイター] - 英政府が15日に提案した新規制で米フェイスブックやツイッター、TikTok(ティックトック)などの企業は、違法コンテンツの削除や拡散防止を怠った場合、売上高の最大10%の罰金が科せられることになる。

また政府は、交流サイトなどのプラットフォームにはオンライン上でのいじめやポルノなどのコンテンツから子どもを守るためにこれまで以上の対策が求められるとした。

ダウデン・デジタル相は、子どもなどのユーザー保護や業界の信頼回復、言論の自由を守るための法制化に向け新たな時代を迎えようとしていると述べた。

順守されない場合は、別の法律の下で刑事罰を課すことが1つの選択肢になるとし、「ネット利用の安全確保に向けた最も厳しく包括的な措置で、直ちに明白な効果を発揮する」と述べた。

交流サイトなどはこのほか、新型コロナウイルスワクチンを巡る偽情報の拡散など、被害をもたらす恐れのあるコンテンツに関する明確な方針の策定が求められる。

来年議会への提出が予定されている新規制では、企業の違反サイトはブロックされ、管理者がコンテンツに対する責任を問われる可能性がある。

英メディア当局は、違反企業に最大1800万ポンド(2400万ドル)か全世界の売上高の10%でいずれか高い方を罰金として科す権限が与えられるほか、違反サービスの英国内でのアクセスを阻止することが可能になる。

グーグル傘下のユーチューブUKの幹部は、オンラインコミュニティーの安全が最優先課題だとし、「業界やコミュニティー団体、政府と有害なコンテンツの対策に取り組んできた」と述べた。

中国のバイトダンスが運営する動画投稿アプリ「Tiktok(ティックトック)」は「安全性は追加したり、あれば良いというものではなく、創造的で多様なコミュニティーを構築するための出発点だ」とし、引き続き政府と協力していく考えを示した。

フェイスブックは、これまでも政府と業界に対し、言論の自由を侵害せずに利用者を保護する対策で協力するよう呼び掛けてきたとし、「フェイスブックはすでに有害コンテンツに対する厳しい対策を導入している。民間企業が単独で重要な決定を行わずに済むよう、政府による規制が必要になっている」とした。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  2. 2

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  3. 3

    菅首相は玉木氏提案を受け入れよ

    早川忠孝

  4. 4

    家計が炎上した年収1000万円夫婦

    PRESIDENT Online

  5. 5

    広島県の大規模PCR検査は愚行

    青山まさゆき

  6. 6

    今の改正案では医療崩壊を防げぬ

    玉木雄一郎

  7. 7

    非現金決済は差別? 米社会で変化

    後藤文俊

  8. 8

    時短従わぬ店への過料は「違憲」

    猪野 亨

  9. 9

    慰安婦判決は異常 迷走する韓国

    コクバ幸之助

  10. 10

    全米ライフル協会 破産を申請へ

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。