記事
  • ロイター

ドイツ経済、再び景気後退入りリスク コロナ規制強化で


[ベルリン 14日 ロイター] - ドイツ経済が再び景気後退(リセッション)入りするリスクが高まっている、とエコノミストは指摘する。同国が新型コロナウイルスの感染を封じ込めるため、行動規制の強化に踏み切ったためだ。

メルケル独首相と各州は、11月2日に導入したコロナ対策の効果があまり出ていないため、国内の大半の店舗を16日以降、少なくとも来年1月10日まで閉鎖することを13日に決めた。

ドイツ経済は、新型コロナの感染第1波の影響で、第1・四半期に1.7%、第2・四半期に9.8%とそれぞれ縮小。過去最悪の景気後退に陥った。ただ、第3・四半期は個人消費や輸出が持ち直し、8.5%増と予想以上に回復した。

アルトマイヤー経済相は14日、規制を強化しても経済が再び景気後退入りすることは回避できるとの期待を示した。

一方、エコノミストの間では景気の二番底懸念が広がっている。

行動規制の強化により、16日以降も営業が認められるのは、スーパーマーケットや薬局、銀行など必要不可欠な店舗のみで、美容院などは営業禁止となる。

コメルツ銀行のチーフエコノミスト、Joerg Kraemer氏は、国内の大半の店舗が閉鎖を余儀なくされれば産業界に打撃が及ぶと指摘し、リセッションの可能性が高まるとの見方を示した。

コメルツ銀行は、第4・四半期の国内経済は少なくとも1%縮小し、2021年第1・四半期も0.5%落ち込むと予想している。

ベレンベルク銀行のエコノミスト、Holger Schmieding氏は、第4・四半期の成長率はマイナス1.8%と予測。前回予想のマイナス1.0%から下方修正した。ただ、21年の第2・四半期にはこの縮小分を取り戻す成長が見込めるとしている。

同氏は「ショックは感染第1波の時よりも小さい。われわれはロックダウンへの対処法を第1波の時よりもよく学んでいる。製造業や輸出は、ほとんど影響を受けていない」と説明した。

10月の堅調な鉱工業受注や鉱工業生産、小売売上高など各種指標は、ドイツ経済が11月の行動規制導入前に底堅い第4・四半期のスタートを切ったことを示している。

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  2. 2

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  3. 3

    理にかなった皇居の関西移転論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    ラブリから性被害 女性が告発

    文春オンライン

  6. 6

    二階氏に「引退して」と批判殺到

    女性自身

  7. 7

    五輪中止なら湾岸タワマン暴落か

    NEWSポストセブン

  8. 8

    荒れるYahooコメ欄 仕方ないのか

    たかまつなな

  9. 9

    バイデン氏 15の大統領令署名へ

    ロイター

  10. 10

    歌舞伎町 6万円もらい隠れ営業も

    國友公司

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。