記事
  • ロイター

ドル下落、ワクチン進展でリスク選好度上昇 ポンド高い=NY市場


[ニューヨーク 14日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では、ドルが2年ぶり安値近辺を推移。米国やカナダで新型コロナウイルスワクチンの接種が始まり、米コロナ救済法案成立への期待が高まる中、高リスク通貨への買いが膨らんだ。

ドル指数は終盤の取引で0.07%安の90.7040。一時90.419と、2018年4月以来の安値に沈んだ。

米国では14日、米ファイザーが独ビオンテックと共同開発した新型コロナワクチンの接種が始まった。一番手はニューヨーク州ロングアイランド・ジューイッシュ・メディカル・センターの集中治療室(ICU)で働く看護師のサンドラ・リンゼイさんだった。

テンパスのシニア為替トレーダー兼ストラテジスト、フォアン・ペレス氏は、ワクチン接種の開始を受けて「極めて力強いリスクオンムードが広がった」と指摘した。

また、米与野党はこの日、総額1兆4000億ドルの2021年度予算案を巡り、詰めの協議を行った。さらに、議会の超党派グループが提案した9080億ドルの新型コロナ救済法案は、2つに分割される見込み。議会指導部はコロナ救済法案を21年度予算案に付帯させたい考えだ。

OANDAのシニア市場アナリスト、エド・モヤ氏は「救済策が実現する可能性があるとの楽観的な見方が台頭しつつあり、ドルにはマイナス材料だ」と述べた。

英国と欧州連合(EU)通商協議の合意成立への期待から、ポンド/ドルは0.79%高の1.3324ドル。

EUで英国のEU離脱問題を担当するバルニエ首席交渉官は、英国との貿易協定締結は依然として可能だとした上で、向こう数日がヤマ場になるという認識を示した。

高リスク通貨の豪ドルやニュージーランドドルも上昇。NZドルは0.08%高の0.7086米ドルと、18年4月以来の高値を付けた。豪ドルも0.07%高の0.7539米ドル。

ユーロ/ドルは約0.31%高の1.2146ドル。欧州各国が導入するコロナ制限措置による市場への影響は限定的だった。

暗号資産(仮想通貨)のビットコインは0.03%高の1万9132.83ドル。

市場では、今週開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)や英中銀の金融政策会合が注目されている。

ドル/円 NY終値 104.03/104.06

始値 103.74

高値 104.09

安値 103.52

ユーロ/ドル NY終値 1.2143/1.2146

始値 1.2153

高値 1.2176

安値 1.2124

(表はリフィニティブデータに基づいています)

トピックス

ランキング

  1. 1

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  2. 2

    トランプ氏罷免せず 判断を評価

    猪野 亨

  3. 3

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  4. 4

    官邸崩壊の足音 秘書官もう交代

    NEWSポストセブン

  5. 5

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  6. 6

    総額6.7兆円 不良債権回収の苦難

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    「病床に余力」医師提言に課題も

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    14歳以下のコロナ感染が増える仏

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    母がマルチ商法に心酔 娘の悲劇

    PRESIDENT Online

  10. 10

    感染拡大の深刻さを認めぬ菅首相

    おくの総一郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。