記事

「菅首相就任祝いスーツ」報道に激怒……坂井学・官房副長官の“すごいあだ名” - 「週刊文春」編集部

「誰が読売にしゃべってるんだよ。菅さんの足を引っ張るだけだ」

【写真】この記事の写真を見る(2枚)

 12月3日、菅義偉首相を慕う無派閥の若手議員で作る「ガネーシャの会」で緊張感が漂う瞬間があった。この日の読売新聞が話題にのぼった際のこと。記事は、ガネーシャの会が首相の就任祝いに紺色のスーツを贈ることを詳報。スーツの裏地に「第99代 内閣総理大臣 菅義偉」と刺繍が施されていることや首相のひいきの仕立屋で作ったことなど関係者しか知り得ない事実が描かれていた。

 最もピリピリしたのは、ガネーシャの会の中心人物、坂井学官房副長官(55)。


鳩山邦夫元法相の政策秘書を務めたことも ©共同通信社

「首相の誕生日(12月6日)祝いも兼ねたサプライズで贈るつもりだったのかもしれませんが、それにしても、犯人捜しをする坂井氏の必死さは異様でした。こんな話でもピリつくなんて、情報管理の厳しさは首相譲り」(政治部記者)

 坂井氏は東大法学部卒業後、松下政経塾へ。2005年の郵政選挙で神奈川五区から初当選し、当選4回。地元の後援会関係者は昔を思い出し笑顔を見せる。

「“うんこの坂井君”が偉くなったもんだなあ」

“うんこの坂井君”の由来は?

 政界入り前に熊本県の汚水処理会社に勤務。初出馬の際には街頭演説で「うんこが捨てられた土壌は微生物がたっぷり。その土で作られた野菜はおいしい。うんこは環境循環社会の象徴だ」と無党派層の関心を引こうと、「うんこ」を連発。当時、人気だった引っ越し会社のCMをもじり、「坂井~若い~仕事きっちり」と選挙カーで流したりもした。

 選挙区が隣の菅首相とは以前から近く、「地味で口下手なところが首相から気に入られたようだ」(前出・記者)。派閥を嫌う首相の意向に沿って無派閥を貫いてきたが、事実上は「菅派」の番頭格だ。若手議員が他派閥に入ろうとすると「菅さんと縁が切れちゃうよ」と恫喝することもあるという。

 しかし、官房副長官に抜擢されると無派閥ゆえの弱点が露呈。副長官は党側と連絡を取り合う調整役だが、人事や国会の開会時期をめぐり、連絡不足が続き、二階俊博幹事長が激怒。幹事長室に出入り禁止になった。

「小選挙区で派閥の重要性は減ったとはいえ、自民党政治家の作法を学ぶ場ではある。緩いつながりの菅派では誰も作法を指導してくれない」(政治部デスク)

 副長官就任で番記者もついたが「外遊時のレクが下手」「全然使えない」と評判は悪い。情報漏れで首相の怒りを買うのを気にしてか、本人は「記者との付き合い方が分からない」とぼやいている。菅氏は下戸だが記者を昼夜問わず食事などに誘い、手なずけてきた。地味で口下手、似た師弟に見えて、その差は歴然だ。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年12月17日号)

あわせて読みたい

「自民党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  3. 3

    老害タグを茂木健一郎氏が批判

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  5. 5

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  6. 6

    政治に怒らぬ若者 そのワケは?

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    五輪中止で32年開催狙うか 英紙

    ロイター

  8. 8

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

  9. 9

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  10. 10

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。