記事
  • ロイター

イラン大統領、ミサイル開発「交渉不可能」 バイデン氏けん制


[ドバイ 14日 ロイター] - イランのロウハニ大統領は14日、米国が中東地域の安定を脅かすと危惧するミサイル開発計画について交渉に応じられないとし、バイデン次期米大統領もそれを理解しているとの考えを示した。

バイデン氏の大統領選勝利を受け、2015年にイランが関係各国と締結した核合意に米国が復帰する可能性が高まっている。バイデン氏は、復帰によりイランの核開発や弾道ミサイル、中東における活動などを巡る幅広い協議につながるとみているもようだ。

一方でイランは、ミサイル開発計画の停止や地域政策の修正などを否定し、逆に対イラン制裁解除のほか米国の核合意離脱で生じた経済的損害の補償など、米政策の変更を要求している。

ロウハニ氏は会見で、「米国はここ数カ月、(核協議に)ミサイル問題を加えようとしていたが、拒否した。バイデン氏も十分に分かっている」と指摘。「核合意復帰のために新たな協定が必要だとバイデン氏が言っているとは聞いていない。それはトランプ氏が言っていることだ」と述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  2. 2

    トランプ氏罷免せず 判断を評価

    猪野 亨

  3. 3

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  4. 4

    官邸崩壊の足音 秘書官もう交代

    NEWSポストセブン

  5. 5

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  6. 6

    総額6.7兆円 不良債権回収の苦難

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    14歳以下のコロナ感染が増える仏

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    「病床に余力」医師提言に課題も

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    感染拡大の深刻さを認めぬ菅首相

    おくの総一郎

  10. 10

    母がマルチ商法に心酔 娘の悲劇

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。