記事
  • ロイター

ECB、必要なら一段の刺激策の用意=パネッタ専務理事


[フランクフルト 14日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のパネッタ専務理事は14日、ECBはユーロ圏経済のリセッション(景気後退)からの脱却にコミットしているとし、ユーロ高などが回復の足かせになれば必要に応じて一段の刺激策を実施する余地があると述べた。

ECBは10日の理事会で、新型コロナウイルス感染第2波に対応するため、パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の拡充などの追加刺激策を決定。ただラガルド総裁が、全ての措置が利用されるわけではないと述べたことで、ECBのコミットメントに対する疑念が出ていた。

パネッタ専務理事は講演で「回復支援に対するECBのコミットメントを保証する。為替要因を含む見通しに対する下方リスクが現実化すれば、全ての措置を調整する用意がある」とし、ECBはインフレ目標が達成されていない状態を容認しないと述べた。

その上で、欧州連合(EU)の7500億ユーロの復興基金について、2026年までに成長率を1.5%に引き上げられる可能性があるため、各国政府に対し賢明に利用するよう呼び掛けた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  2. 2

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  3. 3

    電車止めない政府 危機感の甘さ

    諌山裕

  4. 4

    印象論で政権批判 NEWS23に苦言

    和田政宗

  5. 5

    青学・原監督の改革を学連は黙殺

    文春オンライン

  6. 6

    母親が米議会乱入「地に堕ちた」

    Rolling Stone Japan

  7. 7

    なぜ日本経済は低成長に喘ぐのか

    澤上篤人

  8. 8

    大戸屋TOBは企業「乗っ取り」か

    大関暁夫

  9. 9

    尾身会長が求めるリーダーの姿勢

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    諸行無常なオタ活に感じる輝き

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。