記事
  • ロイター

シンガポール、ファイザー製ワクチン承認 アジア初


[シンガポール 14日 ロイター] - シンガポールは14日、米ファイザーと独ビオンテックが共同開発した新型コロナウイルスワクチンの使用を承認した。年内に接種を開始する。

ファイザーのワクチンは米国やカナダなどがすでに承認しているが、アジアではシンガポールが初めて。リー・シェンロン首相(68)は、接種は無料で、医療従事者と高齢者を優先して実施するとし、自身も早い段階で接種を受けると述べた。

シンガポールは米モデルナや中国の科興控股生物技術(シノバック)などともワクチン調達で契約。当局者は、全ての住民に接種できる量を確保したとしている。

シンガポールでは感染拡大はこのところ抑えられており、28日付で抑制策を緩和。公共の場での集まりに参加できる人数を現在の5人から8人に増やす。感染による死者数はこれまでのところ29人にとどまっている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  2. 2

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  3. 3

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  4. 4

    詐欺横行の英国でワクチン接種へ

    小林恭子

  5. 5

    ラブリから性被害 女性が告発

    文春オンライン

  6. 6

    理にかなった皇居の関西移転論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    二階氏に「引退して」と批判殺到

    女性自身

  8. 8

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    五輪中止なら湾岸タワマン暴落か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    荒れるYahooコメ欄 仕方ないのか

    たかまつなな

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。