記事
  • ロイター

中国企業の米上場廃止リスク、ファンドの香港シフト促す


[上海 11日 ロイター] - 米株式市場で中国企業が締め出される可能性が強まる中、世界のファンドマネジャーはアリババ、網易(ネットイーズ)、京東商城(JDドットコム)といった米上場中国企業に対する投資を引き揚げている。その分の資金を振り向けているのは香港上場株だ。

米下院は2日、米国の監査基準を順守しない中国企業の米上場を廃止できる法案を全会一致で可決した。同法案は今年すでに上院で可決されており、トランプ大統領の署名を経て成立する見通し。同法案の下、3年連続で米公開会社会計監視委員会(PCAOB)の監査基準を順守できなければ、米国内の証券取引所での上場が禁じられる。

大部分の中国企業は国家機密とみなされかねない情報の開示を国内法によって禁じられているため、こうした監査基準を順守できず、上場廃止に至るとみられている。

ボントベル・アセット・マネジメントのニューヨーク駐在ポートフォリオマネジャー、ブライアン・バンズマ氏は「リスクは本当に現実になろうとしている」と指摘。中国企業の米預託証券(ADR)に充てていた資金を香港に移し始めているとし、まずはゆっくりとコストが比較的低いルートを取っているものの、「リスクがさらに間近に迫れば早急な資金移転が可能だ」と語った。

アバディーン・スタンダード・インベストメンツの中国株担当責任者、ニコラス・イェオ氏は、自身のファンドも調整を加えていると説明。「上場先はそれほど問題ではない。香港に上場する同じ企業の株式を購入するだけであり、シフトはとても簡単だ」と述べた。

香港市場に重複上場する中国企業の数は増えている。

電子商取引大手アリババ、電子商取引(EC)大手のJDドットコム、オンラインゲームのネットイーズ、外食大手ヤム・チャイナ、教育サービスを手掛ける新東方(ニューオリエンタル)を含む米上場企業は既に香港にも上場している。

モルガン・スタンレーによると、EC大手のピンドゥオドゥオ、唯品会(ビップショップ)、動画共有サイトのビリビリを含む、その他20社以上も香港重複上場の資格があるという。

ファンドマネジャーらによると、米国と香港の上場株は完全に代替可能で、価格やコストの差もほとんどないという。

一方、最悪のシナリオとして、ADR業務に携わるある弁護士は匿名を条件に、中国企業の大規模な撤退は投資家に影響を及ぼし、米資本市場の競争力を損なう可能性があると指摘。「有名な成功企業が米取引所から撤退すれば、ロンドンや香港がより強力になり、米取引所よりも良い選択肢があるかもしれないとの考えが生まれるだろう」と語った。

トピックス

ランキング

  1. 1

    音喜多氏が居眠り謝罪 歳費返納

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    感染拡大するスウェーデンの日常

    田近昌也

  4. 4

    テレ東が先陣 マスク着用で好評

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    SEXなく…夫に不倫自白した女性

    PRESIDENT Online

  6. 6

    毎日が40億円超減資で中小企業に

    岸慶太

  7. 7

    菅首相 イエスマンだらけの失策

    毒蝮三太夫

  8. 8

    首相演説を批判 朝日に「何様?」

    鈴木宗男

  9. 9

    慰安婦判決に感じる韓国の価値観

    WEDGE Infinity

  10. 10

    プペルも? 泣くための映画に疑問

    かさこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。