記事
  • ロイター

午前の日経平均は反発、大型株主導でTOPIXが1800ポイント回復


[東京 14日 ロイター] - 14日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比170円73銭高の2万6823円25銭となり、反発。終始、大型株が上昇を主導する展開となり、TOPIXは2018年10月以来の1800ポイント回復となった。

前週末11日の米国株式市場はまちまち。ダウ工業株30種が小幅高となる一方、ナスダック総合指数やS&P総合500種指数は値下がりした。追加経済対策を巡る不透明感が相場全体の重しとなった。

週明けの日本株は、終始買い優勢の展開。とりわけ、目立った買い材料は見当たらないものの、巣ごもり、環境などテーマに沿った銘柄が物色された。トヨタ自動車など時価総額の大きい銘柄がリードしたため、TOPIXが優勢の動きとなっている。

市場では「年末のこの時期、クリスマス休暇を控えた海外投資家の動きが鈍るほか、国内機関投資家も新規のポジションを控える傾向があるため、商いが一気に細るところだが、好地合いから個人投資家の物色意欲が強く、年末高を期待させる動きとなっている」(東海東京調査センター・シニアストラテジストの中村貴司氏)の声も聞かれた。

TOPIXは1.22%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆1247億8900万円となった。東証33業種では、空運業を除く32業種が上昇し、機械が値上がり率トップとなっている。

個別では、トヨタ自動車がコロナショック以前の株価水準を回復したほか、任天堂が年初来高値を更新した。ソフトバンクグループも上伸した一方で、ファーストリテイリングはさえない。

東証1部の騰落数は、値上がりが1789銘柄、値下がりが324銘柄、変わらずが64銘柄だった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    KDDI「povo」への批判はお門違い

    自由人

  2. 2

    PCR検査で莫大な利益得る医院も

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    橋下氏 いま日本は「欠陥の車」

    橋下徹

  4. 4

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  5. 5

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  6. 6

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  7. 7

    広島県の大規模PCR検査は愚行

    青山まさゆき

  8. 8

    青学・原監督の改革を学連は黙殺

    文春オンライン

  9. 9

    慰安婦判決は異常 迷走する韓国

    コクバ幸之助

  10. 10

    コロナ偏見を生む報道を抑制せよ

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。