記事

第三次補正予算案の内容は、要厳密精査

度重なる新型コロナウイルス対応の補正予算の結果、今年度の新規国債発行額が110兆円を上まわる方向との報道があります。近年の毎年の新規国債発行額の3倍を軽く超える規模です。

新型コロナウイルスへの対応が、我が国の現在の最大の課題ですから、「借金をしてでも」というのは致し方ない面はあります。

しかし、そうであればそれだけ予算の中身が厳しく問われます。

今週には第三次補正予算案の内容が固まる方向のようですが、先週閣議決定された、「総合経済対策」の内容を見るに、それを基礎として編成される第三次補正予算案の中には、「これが今、緊急に借金をしてでも行うべき内容か?」と思われるような内容が入ってきそうな気がしてなりません。
極めて厳密な精査が必要になってくると思います。

あわせて読みたい

「補正予算」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。