記事

菅首相の肝いりGoToトラベルはいよいよ頓挫か、日米の金融政策に注目(金融日記 Weekly 2020/12/4-2020/12/11)

1/2

 日米ともに新型コロナウイルス禍は悪化の一途を辿っており、連日、新規感染者数の記録を更新している。また、死者も増え続けている。日本では北海道、大阪、愛知などで医療機関が逼迫しており、東京も危ない。

しかし、ワクチンへの期待からか、株式市場は相変わらず好調だ。また、新型コロナウイルス禍が深刻であるからこそ、各国中央銀行がバブルという副作用があったとしても、非伝統的金融緩和を継続させる、との期待もある。

 日本では菅首相の肝入り政策であるGoToトラベルが感染拡大からいよいよ頓挫しはじめており、高値圏で推移している株価が反応するかもしれない。

●GoToトラベル停止、東京など追加検討 12月下旬まで想定
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFS1327B0T11C20A2000000

●東京都の新型コロナの状況 個々人の努力に頼った新型コロナ対策は限界にきている、忽那賢志
https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20201212-00212202/

 今週は米国ではFOMC(Federal Open Market Committee)、日本では日銀金融政策決定会合が開催される。金融政策の動向に注目したい。

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

日本株

直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
出所:出所: 日経新聞社

サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス(2020/12/4-12/11)
出所:東証、日経新聞社、セクター指数はTOPIX17業種

個別銘柄の週間パフォーマンス(2020/12/4-12/11)
出所:会社四季報、Yahoo!ファイナンス

FX

直近1年のドル円とユーロ円の推移
出所:セントラル短資

イールドカーブ(2020/12/11)
出所:Bloomberg.com

主要通貨の週間パフォーマンス(2020/12/4-12/11)
出所:セントラル短資

外国株とコモディティ

直近1年のS&P500と原油価格(WTI原油先物)の推移[USD]
出所:Yahoo!ファイナンス、Bloomberg.com

地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD](2020/12/4-12/11)
出所:iShares: MSCI Japan (EWJ), MSCI Kokusai (TOK)、MSCI Core Europe (IEUR), MSCI All Country Asia Pacific ex Japan (AAXJ), MSCI Emerging Markets (EEM), GLOBAL REIT ETF (REET). Bloomberg.com: Oil WTI Futures (CL1), Gold Futures (GC1)

あわせて読みたい

「株式市場」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    電車止めない政府 危機感の甘さ

    諌山裕

  2. 2

    医師会の言葉は「心に響かない」

    山本直人

  3. 3

    「サイゼ来た」要請で皮肉な結果

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  5. 5

    印象論で政権批判 NEWS23に苦言

    和田政宗

  6. 6

    尾身会長が求めるリーダーの姿勢

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    医療巡り飛び出した菅首相の本音

    青山まさゆき

  8. 8

    「男女の友情存在するか」は愚問

    いいんちょ

  9. 9

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  10. 10

    PCR問題の混乱止まらず 医師嘆き

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。