記事

農産物の外国による品種盗用を防げ

農産物も工業製品も技術盗用を防がなくてはならないのに、今までがあまりに防ぐ形になっていませんでした。

すでにブドウやイチゴの品種が中国や韓国に盗まれ、わが国の農産物輸出に大きな被害が出ています。

改正種苗法では、開発者が輸出できる国や国内の栽培地域を指定でき、それ以外の国に故意に持ち出した場合は10年以下の懲役や1000万円以下の罰金を科すことができます。

さらなる制度改正や行動を積み重ねていかなくてはなりません。

『高級ぶどうは誰のもの?』(NHK)
https://www.nhk.or.jp/politics/articles/feature/49665.html

あわせて読みたい

「種苗法」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  4. 4

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  5. 5

    マニアが絶賛 無印カレーの凄さ

    文春オンライン

  6. 6

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  7. 7

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

  8. 8

    迫る節電要請 電力自由化は失敗

    PRESIDENT Online

  9. 9

    起業に求めてはならぬカネと安定

    ヒロ

  10. 10

    非正規が休業手当貰えぬカラクリ

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。