記事
  • ロイター

インタビュー:米許可でワクチン量産化が最大の課題=ビオンテックCEO


[ニューヨーク 11日 ロイター] - 独医薬品ベンチャー、ビオンテックのウグル・サヒン最高経営責任者(CEO)はこのほどロイターのインタビューに応じ、同社と米製薬大手ファイザーが開発した新型コロナウイルスワクチンが米当局の緊急使用許可を得た今、膨大な需要に見合う量産化を進めることが最大の課題だとの見方を示した。

サヒン氏は「われわれは製造面の課題を解決する必要がある。より多くのワクチンが求められているのは明らかで、どうすれば生産を増やせるかという問題に取り組んでいるところだ」と語った。

ワクチン供給拡大を図る方法の1つとして同氏は、ビオンテックがスイス製薬大手ノバルティスから買収した独マールブルクの製造拠点における生産予定を前倒しすることだと説明した。ビオンテックは来年前半にこの拠点でワクチン生産を開始すると表明しているが、同氏によると現在はより早めのスケジュールで準備作業を続けているという。

ファイザーとビオンテックが開発したワクチンは、基本的に1人2回の接種で有効となる。ただ両社が公表したデータでは、1回目の接種から12日程度である程度の効果が確認され、2回目を受ける前から免疫を得られることが示された。

これについてサヒン氏は、1回の接種で済ませる方式にするかどうかはまだ決めていないとした上で、今後ファイザーと話し合っていく問題なのは間違いないと付け加えた。

一方同氏は、ワクチンが欧州連合(EU)当局からも年内に条件付きで使用が承認され、来年早々に欧州各国に配布できるとの見通しを明らかにした。

トピックス

ランキング

  1. 1

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  2. 2

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  3. 3

    理にかなった皇居の関西移転論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  5. 5

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    二階氏に「引退して」と批判殺到

    女性自身

  7. 7

    詐欺横行の英国でワクチン接種へ

    小林恭子

  8. 8

    ラブリから性被害 女性が告発

    文春オンライン

  9. 9

    五輪中止なら湾岸タワマン暴落か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    荒れるYahooコメ欄 仕方ないのか

    たかまつなな

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。