記事

「ふざけんな!」メリーさんを怒らせたガラス破壊……独立から26年、田原俊彦がジャニーズ退所の後輩に“ビッグな金言” 還暦直前インタビュー・前編 - 「文春オンライン」特集班

1/2

「週刊誌は今でも嫌いなんだよ。この仕事をしていたら好きにはならんでしょ(笑)。でも、今日は提灯記事なんて書かなくていいからさ。いい人扱いされるのって嘘くさいじゃん。そのままを書いてよ」

【写真】この記事の写真を見る(11枚)

 ゆっくりとソファーに腰を下ろし、田原俊彦(59)は記者の目を見て開口一番そう語った。今年デビュー41年目の“永遠のアイドル”は、来年2月に還暦を迎える。


来年で還暦を迎える田原俊彦 Ⓒ文藝春秋

 田原は、15歳だった1976年にジャニーズ事務所に入り、1979年に甲府から上京すると、その年のドラマ「3年B組金八先生」(TBS系)で大ブレイク。1980年には「哀愁でいと」で歌手デビューし、アイドル全盛期の1980年代の中でも、一際まばゆい輝きを放った。

 しかし1991年に個人事務所を立ち上げると、1994年にはジャニーズ事務所から完全に独立。マスコミによるジャニーズへの忖度によってテレビ業界から距離を置くこととなった。

 独立直前に長女誕生を受けて開いた記者会見での「僕ぐらいビッグになっちゃうと」発言や、トップアイドルから一転して大バッシングを受けたことなどは、今でも芸能史に残る大事件となった。

 だが独立から26年たった今も、田原はファンのために歌い、踊り続けている。そんな芸能界の酸いも甘いも知りつくした田原の目に、退所が相次ぐ最近のジャニーズ事務所はどう映るのだろうか。「独立後に見えた世界」、そして「ジャニー喜多川との思い出」を語ってもらった。

「辞めるの遅すぎるよね、みんな」

――近年、ジャニーズ事務所を退所して独立していくタレントが後を絶ちません。元SMAPの中居正広さん、関ジャニ∞の錦戸亮さん、NEWSの手越祐也さん、山下智久さん。それに少年隊の錦織一清さんと植草克秀さんは年内で事務所を去り、来春にはTOKIOの長瀬智也さんも退所します。

 田原さんは人気絶頂だった1994年、33歳の時に15年間在籍したジャニーズ事務所を出た独立の“先輩”でもあります。“後輩”たちについてどう思いますか?

田原 辞めるの遅すぎるよね、みんな。まあ身動きが取れなかったんだろうけど、それでも30歳を超えれば、1人で歩きたいなって思うのが普通だよ。僕の場合はソロだったから、自分の意思で決断できたというのもあるけど、今はほとんどの人がグループじゃないですか。でも大人が4人も5人もいたら、考え方や将来のビジョンは絶対に違ってくる。

 最初の5年とか10年は一緒にできても、20年も30年もとなると、それぞれに「本当はこういうふうに生きていきたいな」という思いができてくるわけだから。それを1つにまとめて、というのもなかなか難しいよね。かといって、解散もできなかったりするし。

 ただ、ジャニーさんが亡くなられてからのここ一連の動きは派手なんでね。どうしちゃったのかなとは思うよ。1つの時代がまた終わり、また始まるんじゃないかな。

――そもそも26年前、田原さんがジャニーズ事務所から独立を決断した理由は?

田原 僕の中では、ジャニーさんと一緒にできること、吸収するもの、教えは全部(合格の)ハンコを押してもらったつもりでいたんだよね。10年目まではショーも歌もジャニーさんが全部やってくれたけど、11年目からは僕が実質的にショーを全て作るようになってたから。

 それに『教師びんびん物語』(フジテレビ系)みたいな芝居の仕事も増えて、そっちの仕事は完全に“田原俊彦窓口”で、僕がイエス・ノーを決める。だから、もっと自分でいろんなことを決めて自由にやりたい思いと、いつまでもジャニーズに寄りかかっていちゃいけないという思いもあって、独立を決断した。それでも、一番元気がいい時に卒業させてもらったから、世の中からは「絶対にいい辞め方じゃない」と言われる時代だった。「生意気だ」ともよく言われたね。

「ジャニーズを辞めた人間を成功させちゃいけない」

――ジャニーズ事務所から独立後、メディアは田原さんを「生意気だ」と大バッシングしました。ジャニーズという事務所の力、そこを出ることの厳しさについても感じたと思いますが、その経験は田原さんにとってどんなものでしたか?

田原 僕は1993年に結婚して、“ビッグ発言”も叩かれたよね。娘が生まれて記者会見を開いた時に、「何事も隠密にやりたかったんだけど、僕ぐらいビッグになっちゃうとそうはいきませんけどもね」と言ったのが、「調子に乗ってる」って言われてさ。

 実際は叩かれるのはどうでもよかったけど、確かにテレビに出る頻度は愕然とするほど下がったね。ジャニーズの子との共演は絶対NGになったし、それは今も続いている。今で言う忖度っていうの? テレビ局側が気にしてるんだから、僕にはどうしようもなかった。

 要するに、「ジャニーズを辞めた人間を成功させちゃいけない」ということですよね。もし僕がジャニーズを辞めて活躍してたら、「俺も行けるな」という子がきっと出てくるじゃない。それは防がなきゃいけない、第2の田原俊彦を出してはいけないっていう。でも逆に、叩かれて「よーし」って燃えた部分もあったよ。僕にはジャニーさんから教わったスキルがいっぱいあるし、歌って踊ったら誰にも負けない自信もあったからさ。

――ジャニーズから独立はしても、田原さんにとってジャニー喜多川さんはやはり「人生最大の恩人」なのですね。そのジャニーさんは、2019年7月に天国へと旅立っていかれました。ジャニーさんは田原さんにとってどんな存在だったんでしょう?

田原 僕の親父は小学校1年生で亡くなりました。だからか、自分が男としてどうやって大人になればいいんだろうっていうのをずっと迷ってたんですよね。それで15歳の夏に出会ったのが、ジャニー喜多川という人だった。

 きっかけは単純で、テレビを見ていて「ああ、この中で暴れたら最高に気持ちいいだろうな。田原俊彦を日本のみんなに知ってもらえたらすげえな。モテるだろうな。金稼げるだろうな」って思ったこと。母子家庭で非常に生活も苦しかったからね。

 それで僕は履歴書も送らずに甲府から東京へ電車で行って、「ジャニーさんに会いたい」と六本木まで行っちゃった。そのぐらいのエネルギーというか、“バカさ”があったからあの人と出会えたと思うし、僕のその心意気をジャニーさんはすごく分かってくれた。当時はジャニーズがすごく苦しい低迷期だったけど、そんな中で毎週毎週レッスンしてね。そりゃたまには「大丈夫なのかな、この会社。俺デビューできるのかな」って疑心暗鬼になることもあったけど(笑)。

あわせて読みたい

「ジャニーズ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    毎日が40億円超減資で中小企業に

    岸慶太

  2. 2

    嬢告白 おっぱいクラスターの今

    文春オンライン

  3. 3

    全米ライフル協会 なぜ破産申請?

    SmartFLASH

  4. 4

    菅首相「あとは実行あるのみ」

    菅義偉

  5. 5

    真面目ゆえ命落とすナチス収容所

    紙屋高雪

  6. 6

    清田コロナ不倫 球界も冷たい目

    WEDGE Infinity

  7. 7

    自民党内で菅政権を見限る動き

    NEWSポストセブン

  8. 8

    鼻出しマスク失格は明らかに不当

    青山まさゆき

  9. 9

    海外の超富裕層が集まるニセコ

    fujipon

  10. 10

    キャバが時短無視する本当の理由

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。