記事

宝くじは、不幸を呼ぶ「貧乏くじ」

■【購読者5万人!】毎週金曜日17時に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

2年前のブログにも書きましたが、師走になると数寄屋橋にある宝くじ売り場に長蛇の列ができます。年末ジャンボ宝くじを買い求める人たちです。この日は「1粒万倍日」という特別な日らしく、いつもより更に行列が長かったようです(写真)。

宝くじを買うのは、競馬やカジノより更に割に合いません。期待値は45%程度です。

宝くじを1000円買ったら、まず550円を差し引かれて、残りの450円を購入した人の中で再配分していることになります。購入した人が払った金額の半分以上は、宣伝費や地方自治体への交付金として使われます。半分以上が取られる「ほぼ確実に損をする商品」ですから「宝くじ」ではなく「貧乏くじ」なのです。

宝くじを含めたこれらのギャンブルというのは、胴元だけが儲かって、参加者は全体では損をする仕組みです。集めたお金から、コストや利益を引いて、残りを配分するのですから、新しい価値が生まれません。

ギャンブルと資産運用の一番大きな違いは、資産運用は新しい価値が生みだされていくことです。投資された資金は経済活動を通じて、資本主義の成長に使われ、全体の富が増えていきます。価値が増大することで、全ての人がプラスになることも可能なのです。

冷静に考えてみれば、宝くじよりも、株式インデックスファンドをNISAの積立で買った方が、資産が増える可能性は圧倒的に高いのは明らかです。

資産運用でも損をする人はたくさんいますが、それはやり方を間違えているからです。確率的に考え、有利な方法を長期的続けていけば、資産運用の成果は必ず実現します。

宝くじは人を幸せにするのではなく、不幸を呼ぶ「貧乏くじ」。これは寒い中、コロナ感染リスクを冒してまで何時間も並んで宝くじを手に入れようとする人たちには、決して理解できないことです。もしかしたら自分が高額当選者になって、一発逆転できるかもしれないと錯覚しているからです。

それを知っているのは、このブログの読者のような人たちだけ。お金の知識(マネーリテラシー)が無いことは、本当に恐ろしいことです。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2020年12月12日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「宝くじ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  2. 2

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  3. 3

    菅首相は玉木氏提案を受け入れよ

    早川忠孝

  4. 4

    家計が炎上した年収1000万円夫婦

    PRESIDENT Online

  5. 5

    広島県の大規模PCR検査は愚行

    青山まさゆき

  6. 6

    今の改正案では医療崩壊を防げぬ

    玉木雄一郎

  7. 7

    非現金決済は差別? 米社会で変化

    後藤文俊

  8. 8

    時短従わぬ店への過料は「違憲」

    猪野 亨

  9. 9

    慰安婦判決は異常 迷走する韓国

    コクバ幸之助

  10. 10

    全米ライフル協会 破産を申請へ

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。