記事

氏の継承と選択的夫婦別氏制度について

氏の継承と選択的夫婦別氏制度について導入すべく議論を重ね制度を考えていくべきと考えます。

自民党の下村政調会長ならびに男女参画担当大臣の橋本聖子先生に要望にあがりました。

まず、お伝えしたいのはこの問題はイデオロギーの対立にしてはなりません。

保守VSリベラルでは、ありません。

なぜなら、全国各地にその地域に根付いた、由来した氏があるかと思います。

この地域には、◯◯さんが多い、など。

そういった正に伝統や文化があるからこそ、もしくは生まれた家に想いがあるからこそ氏を継承したい、という方は世の中にいらっしゃいます。

そしてその考えは正に伝統、文化、歴史を重んじる保守的な考えといっても良いのでは?

つまり、氏の継承・選択的夫婦別氏をもとめる背景には様々な考えと幸せの価値観がある、ということです。

夫婦が別々の氏を名乗ると家族の絆・連帯感に影響がある、日本の伝統や文化が壊れる、という考えもよく聞かれます。

しかし、内閣府の「家族の法制に関する世論調査」によると「家族の名字(姓)が違うと、家族の一体感(きずな)が弱まると思う」と答えた者の割合が31.5%、「家族の名字(姓)が違っても、家族の一体感(きずな)には影響がないと思う」と答えた者の割合が64.3%となっている。

そもそも「絆」「一体感」「和」という日本人が大切に思う価値観は、表層的な結び付きや関係ではないはずです。

この6割以上が、影響ないといっている現実を尊び、国民を信じるべきではないでしょうか?

子どもへの影響を懸念する声もあります。

子どもの権利や健やかな成長は いついかなるときも、尊重されなくてはなりません。

子ども、子どもの成長にとって“影響”があるのは、氏の不一致ではなく夫婦間の関係、調和がはかれているか否かでは?

他の選択肢なく夫婦同氏だけの制度は先進国ではも日本だけです。

世界の中でかなり特異です。

ちなみに、、夫婦の姓をつなげた「結合姓」を認める国もあり、法律で同姓を義務づけている国は世界を見渡しても日本しかないとされます。

氏の継承、選択的夫婦別氏が子どもに影響がある、というなら世界の子どもたちはどうなるのでしょうか?

また、「自分の結婚でも問題にならなかった」などという発言も聞かれます。

問題がなかったことは喜ばしいことです。

問題なのは、今現在、不条理や苦痛を感じている人がいるというです。

ちなみに、夫婦の96%が男性の氏にかえているという現実。

選択的夫婦別氏を導入すべき背景は、問題、困難、不条理、不利益を感じる方の救済だからです。

自民党の中でも毎回二時間を越える議論をしています。

反対の皆さんからは、「文化がこわれる」「日本独自の文化、歴史をまもれ」「家族になるということは、そういうことだ」「通称使用の拡大でいいじゃないか」「歴史と伝統、日本が揺らぐ」と。

いまの現行法によって事実婚となっている方も多くいらっしゃいます。国会議員の中にもいましたし、いるのでは?

同氏でも離婚される夫婦もいます。3組に1組は離婚が現実です。

国会議員でももちろん、いるのでは?同氏で絆を感じていたのに、一体感を強めたのに、不倫が指摘されたこともあったのでは?

とにもかくにも、、、、私が言いたいのは保守の真髄は多様性・包摂と現実に向き合った課題解決の姿勢では?

これが幸せの形ですから当てはめてください、ではなくそれぞれの幸せのかたちを応援していく、ため息を減らして、幸せ、笑顔、安心を拡げる努力をする。

それが政治の役割ではないでしょうか?

さまざまなお考えがあるかと思いますが、互いを敬い、冷静な議論のなかで具体的な制度設計、考え得る課題の解決を模索していきたいと思います。

最後の写真は我が家の箱入り娘たちです。

彼女たちが大きくなったときに、彼女たちが描く、望む幸せをしっかりと掴みとれますように。

そして、素敵な出会いのなかで幸せになり、誰かを・周りを幸せにできますように。

あわせて読みたい

「夫婦別姓」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  2. 2

    トランプ氏罷免せず 判断を評価

    猪野 亨

  3. 3

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  4. 4

    官邸崩壊の足音 秘書官もう交代

    NEWSポストセブン

  5. 5

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  6. 6

    総額6.7兆円 不良債権回収の苦難

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    「病床に余力」医師提言に課題も

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    14歳以下のコロナ感染が増える仏

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    母がマルチ商法に心酔 娘の悲劇

    PRESIDENT Online

  10. 10

    感染拡大の深刻さを認めぬ菅首相

    おくの総一郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。