記事
  • ロイター

EU、大手ハイテク企業に売上最大6%の罰金も 新規則違反なら


[ブリュッセル 11日 ロイター] - 欧州連合(EU)は、オンライン上で提供されるプラットフォームを意図的に操作したり、ヘイトスピーチ(憎悪表現)や児童ポルノといった違法コンテンツの削除を積極的に行わない大手ハイテク企業に対し、売上高の最大6%の罰金を科す方針だ。

ロイターが入手したデジタルサービス法(DSA)の素案では、EU人口の10%に相当する4500万人以上のユーザーを持つプラットフォームを大手と定義。公共政策上の懸念やサービスがもたらすシステム上のリスクに対処するため、こうしたプラットフォームへの規制強化が必要になるとした。

さらに、オンライン広告主に関する詳細な情報の公表や、アルゴリズムに使用されるパラメーターの表示なども求められる。

規制案は、欧州委員会のティエリー・ブルトン委員(域内市場担当)が15日に発表する予定。

米交流サイト大手フェイスブックはコメントを控えた。米アルファベット傘下のグーグルは現時点で付け加えることはないとした。

トピックス

ランキング

  1. 1

    KDDI「povo」への批判はお門違い

    自由人

  2. 2

    PCR検査で莫大な利益得る医院も

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    橋下氏 いま日本は「欠陥の車」

    橋下徹

  4. 4

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  5. 5

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  6. 6

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  7. 7

    広島県の大規模PCR検査は愚行

    青山まさゆき

  8. 8

    青学・原監督の改革を学連は黙殺

    文春オンライン

  9. 9

    慰安婦判決は異常 迷走する韓国

    コクバ幸之助

  10. 10

    コロナ偏見を生む報道を抑制せよ

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。