記事

漁業の現場の感覚を農水大臣は知るべし

今朝は、太良町大浦の道越、竹崎の両漁港から活動スタート。

諫早湾干拓市潮受堤防の締め切り以降、タイラギをはじめとして、著しく漁獲量の低迷する地区です。今日も、早朝から船が出ていましたが、漁獲は振るわないと、漁業者の皆さんから率直な声を聞きました。

それにもかかわらず、農水省は諫早湾干拓開門関係の訴訟の場において、こともあろうか「漁獲量は回復している」などという妄言を繰り返しています。

現場の実感とは大きくかけ離れています。

霞ヶ関と現場のこのかけ離れの度合いは、極めて深刻です。

近く野上農水大臣が訪佐する際には、この現場感覚をよく知ってもらわなければなりません。


あわせて読みたい

「諫早湾」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。