記事

12月11日(金)ムネオ日記

 75歳以上の医療費負担が200万円で決着したが、そこまでに至るさまざまなやり取り、思惑等が新聞各紙に出ている。

 政府与党が決断し了解していることをあれこれ詮索する必要はない。

官僚は政策的ミスをしても降格もなければ給料も下がらない。身分は保証されている。

 しかし政治家が政策判断を間違うと、国民の審判で落選させられる。ここが官僚、役人と政治家の違いである。

 ゆえに政治家は確固たる信念を持って行動しているのである。その決意と覚悟を持った政治家が少ないことを心配してやまない。

 茂木外相が8日から14日までアフリカ4カ国を歴訪しているが、日本の外相がアフリカに行くことは極めて大きな戦略的意味がある。

 将来ある茂木外相が、地球儀を見ながら先を見据えて日本の国益のため体を張っていることが伝わってくる。

 35年前からアフリカに関わってきた一人として、茂木外相の動きを歓迎したい。

あわせて読みたい

「後期高齢者医療制度」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。