記事

HIS 新型コロナで通期の売上高がほぼ半減し、上場来初の赤字転落

 新型コロナウイルスの影響で大手旅行会社の業績が悪化している。12月11日、(株)エイチ・アイ・エス(TSR企業コード:292203993、新宿区、東証1部)が2020年10月期(連結)の売上高がほぼ半減し、純利益が250億3700万円の赤字だったと発表した。2002年の上場以来、初めての純利益が赤字に転落した。

 国内旅行はGoToトラベルキャンペーンの利用増で期末に需要が回復したが、主力の海外旅行が各国で入国制限や渡航制限などの措置が取られたことが響き、売上が大幅に落ち込んだ。店舗閉鎖や臨時休業などの特別損失の発生で、多額の赤字計上を余儀なくされた。

 2020年10月期(連結)の売上高4302億8400万円(前年同期比46.8%減)、営業利益311億2900万円の赤字(同175億4000万円の黒字)、純利益250億3700万円の赤字(同122億4900万円の黒字)だった。

 同時に発表した2021年10月期(連結、第1四半期)の業績予想は売上高360億円(前年同期比82.0%減)、営業利益100億円の赤字、当期純利益63億円の赤字を見込む。

旅行各社も苦戦

 国内の主な旅行会社の決算も悪化している。最大手の(株)JTB(TSR企業コード:291158188、品川区)は、2021年3月期(連結)の経常利益が1000億円の赤字を予想している。

「近畿日本ツーリスト」などを展開するKNT-CTホールディングス(株)(TSR企業コード: 290042437、新宿区、東証1部)は、2021年3月期(連結)の純利益が170億円の赤字を見込む。

 (株)日本旅行(TSR企業コード:290382467、東京都中央区)は2020年12月期(連結)の業績予想は未定だが、2020年1-6月(連結)の純利益は58億9500万円の赤字だった。

 旅行各社は、黒字化に向けて構造改革を進めている。GoToトラベルは、来年6月末まで延長が見込まれているが、運用停止も議論されるなど、動向は不透明な情勢が続いている。新型コロナの感染再拡大の影響が長期化しており、旅行業界は当面、苦戦しそうだ。

HISの店舗(TSR撮影)

トピックス

ランキング

  1. 1

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  3. 3

    老害タグを茂木健一郎氏が批判

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  5. 5

    政治に怒らぬ若者 そのワケは?

    BLOGOS編集部PR企画

  6. 6

    五輪中止で32年開催狙うか 英紙

    ロイター

  7. 7

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  8. 8

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

  9. 9

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  10. 10

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。