記事
  • ロイター

午後3時のドルは104円付近、ユーロや豪ドルの強さ目立つ


[東京 11日 ロイター] -

ドル/円  ユーロ/ドル  ユーロ/円

午後3時現在 103.99/01 1.2153/57 126.41/45

午前9時現在 104.17/19 1.2141/45 126.49/53

NY午後5時 104.20/23 1.2136/40 126.51/55

午後3時のドル/円は、前日NY市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の104円付近。欧州中央銀行(ECB)の理事会を経た東京市場では、ユーロや豪ドルの強さが目立ち、ドルは主要国通貨のなかで最弱だった。円も対欧州通貨や資源国通貨で売られ、ドルの次に弱い通貨となった。

ドルは朝方国内勢の売りに押され103.92円まで下落。しかし、103.65/70円付近のテクニカルなサポートが意識され下げ止まった。

ユーロは朝方一時1.2160ドルまで上昇し、4日に付けた2年8カ月ぶり高値1.2177ドルに迫った。ユーロ/円は126.28円から126.60円まで上昇した。

ユーロ高の原因は「ECBのラガルド総裁が、踏み込んだユーロ高けん制をしなかったこと」(外為アナリスト)にあるという。

ラガルド総裁は10日、「われわれは為替レートを目標に掲げているわけではないが、とりわけユーロ高が重要な役割を果たし、物価に下落圧力を及ぼすことは明白だ」と述べた。

しかし、総裁がより強い言葉でユーロ高をけん制をすると警戒していた市場では、発言を受けて、逆にユーロ買い安心感が広がった。

ユーロ高は輸入財の価格を押し下げ、インフレ率を低下させる効果がある。さらに、低インフレはユーロ圏の実質金利を押し上げるため、一段のユーロ高を招きやすい。

ECBは前日、パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の規模を1兆8500億ユーロに拡大するなど、量的緩和(QE)の拡大に踏み切った。

しかし、QEの拡大によってインフレ率が上昇しないことは日本で既に実証済みだ。

一方で、実質金利を低下させる効果があるマイナスの政策金利の深掘りは、金融セクターの不安定化につながるため、ECBは後ろ向きだ。

ユーロ高を抑制する政策が手詰まりとなるなか、「ECBは金融政策の戦略見直しに既に着手しているが、悠長に構えている。こうした次の手の出し惜しみは、その間のユーロ高を助長するだけだろう」と三井住友銀行のチーフストラテジスト、宇野大介氏は述べ、次のユーロ/ドルのターゲットを1.25ドルとした。

豪ドル/円は78円後半と昨年4月以来の高値を更新した。

鉄鉱石価格の上昇などが豪ドル高の背景とされるが、「日本勢の買いが目立っている」(証券)ことも関心を集めている。

(為替マーケットチーム)

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相を吊し上げ 予算委の惨状

    青山まさゆき

  2. 2

    コロナで世帯数激減 23区の危機

    中川寛子

  3. 3

    河野大臣のTwitterに感じる恐怖

    文春オンライン

  4. 4

    絶望する今の日本を歓迎する人々

    NEWSポストセブン

  5. 5

    原監督と溝? 桑田氏G復帰に驚き

    WEDGE Infinity

  6. 6

    Kokiの大胆写真にキムタクは複雑

    文春オンライン

  7. 7

    安藤美姫が指導者にならない事情

    文春オンライン

  8. 8

    坂上忍に批判殺到「二枚舌だ」

    女性自身

  9. 9

    バイデン氏の大統領令に反発も

    My Big Apple NY

  10. 10

    医療崩壊への切り札封じる菅政権

    小西洋之

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。