記事

過疎法継続へ

 正午から過疎対策特別委員会が開催されます。

 この中で、来年3月に期限を迎える、過疎地域自立促進特別措置法の、次期新法の内容が明らかにされますが、既に一部報道されているように、沖縄の現状と要望を最大限に踏まえた内容となっています。

 粘り強く、かつ説得力のある要請を繰り返し、何度も上京した、座間味村長の宮里哲沖縄県過疎地域振興協議会会長をはじめ、関係者の熱意と、その切実な思いを汲み取って戴いた、過疎特委の役員の皆様の破格の判断の賜物ですが、自民党の懐の深さにも感銘を受けています。

 卒業する2つの自治体にも、従来の経過措置の5年から7年への延長と配慮されています。

 過疎対象の県内18市町村の内、16の自治体は10年の時間が与えられることになりますが、財政基盤のぜい弱な離島や僻地の不利性という構造が変わらない以上、過疎債的な財政支援は今後も必要と考えます。

 離島や僻地に国民が生活をしているからこそ、世界に冠たる海洋国家としての国是が守られています。

あわせて読みたい

「過疎地域」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。