記事
  • ロイター

英金融業、3517人分の雇用がパリに移転 EU離脱決定後に


[パリ 10日 ロイター] - フランスの金融振興団体パリ・ユーロプラスの推計によると、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)が国民投票で決まった後、金融業では3517人分の雇用ポジションが英国からパリ地域に移転した。

ブレグジット決定を受け、欧州諸国の首都は、銀行、資産運用、その他金融サービス企業を中心に、ロンドンからの移転誘致にしのぎを削っている。

パリ・ユーロプラスは、ブレグジットに関連したフランスへの部門移転や同国への投資シフトがポジション移動の背景と指摘。JPモルガンや野村証券のほか、BNPパリバやソシエテ・ジェネラルなど英国に大規模な拠点を持つフランスの金融機関も部門を移転しているとした。

さらに、医療や自動車など金融以外の部門を含めた全体で見ると、ブレグジットによるフランスでの雇用ポジションの増加は5000規模になるとの推計を示した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  3. 3

    老害タグを茂木健一郎氏が批判

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  5. 5

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  6. 6

    政治に怒らぬ若者 そのワケは?

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    五輪中止で32年開催狙うか 英紙

    ロイター

  8. 8

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

  9. 9

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  10. 10

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。