記事
  • ロイター

午前の日経平均は続落、感染拡大懸念の中で巣ごもりなど個別物色


[東京 11日 ロイター] - 11日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比143円50銭安の2万6612円74銭となり、続落した。国内で新型コロナウイルス感染拡大が収まらないことが懸念されているほか、週末とあって見送りムードが強く、安値圏でもみあった。ただ、投資家の買い意欲は感じられ、巣ごもり関連といったテーマ性のある銘柄が人気化するなど、個別物色の動きが活発化している。

10日の米国株式市場は、一時の大幅な下げから切り返して取引を終了。新規失業保険申請件数の増加が嫌気されたものの、新型コロナウイルス経済対策法案を巡る協議進展の兆しを受け、持ち直す展開となった。

米労働省が10日発表した12月5日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は85万3000件と、前週の71万6000件から予想以上に増加。9月半ば以来の高水準となり、追加景気刺激策の必要性を示した。

日本株はこの日が先物・オプション12月限のSQ(特別清算指数)算出日。これに絡んだ注文は小幅の売り越しとなった模様で、株式市場筋の試算でSQ値は2万6713円47銭となった。SQを算出してからいったん上昇したものの、その後は軟調な展開となったが、週末とあって模様眺めムードが強く、方向感がない中で安値もみあいとなっている。

市場では「指数は安いが、値上がり銘柄数と値上がり銘柄数がきっ抗しており、方向性が感じられない中で、材料株を物色している」(野村証券・エクイティ・マーケットストラテジストの澤田麻希氏)、「SQ後は先駆した値がさ株に軟調な銘柄が目立つ一方、短期回転を狙った資金はテーマ株に流れ込んでいる」(SBI証券・投資情報部アドバイザーの雨宮京子氏)などの指摘があった。

TOPIXは0.07%安で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆6282億1000万円だった。東証33業種では、海運業、その他金融、パルプ・紙などが下落し、輸送機器、その他製品などの上昇が目立つ。

個別では、感染者数拡大で巣ごもり関連が注目されたことで任天堂に買いが集まったほか、トヨタ自動車も環境関連の側面から物色された。ソニーもしっかりだが、一方で、前日に人気化したソフトバンクグループは高値波乱となり大幅安となったほか、指数寄与度が大きいファーストリテイリングも軟調に推移した。

東証1部の騰落数は、値上がりが1050銘柄、値下がりが1015銘柄、変わらずが114銘柄だった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相を吊し上げ 予算委の惨状

    青山まさゆき

  2. 2

    コロナで世帯数激減 23区の危機

    中川寛子

  3. 3

    河野大臣のTwitterに感じる恐怖

    文春オンライン

  4. 4

    絶望する今の日本を歓迎する人々

    NEWSポストセブン

  5. 5

    原監督と溝? 桑田氏G復帰に驚き

    WEDGE Infinity

  6. 6

    Kokiの大胆写真にキムタクは複雑

    文春オンライン

  7. 7

    安藤美姫が指導者にならない事情

    文春オンライン

  8. 8

    坂上忍に批判殺到「二枚舌だ」

    女性自身

  9. 9

    バイデン氏の大統領令に反発も

    My Big Apple NY

  10. 10

    医療崩壊への切り札封じる菅政権

    小西洋之

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。