記事
  • ロイター

アルゼンチン、年内にロシア製コロナワクチン投与開始へ


[モスクワ/ブエノスアイレス 10日 ロイター] - ロシアは10日、新型コロナウイルスの国産ワクチン「スプートニクV」の1000万回分の供給契約をアルゼンチンと結んだ。これにより、アルゼンチンは今月からワクチン投与を開始できる。

アルゼンチンのフェルナンデス大統領は、ワクチン開発に関わるロシア政府系ファンド「ロシア直接投資基金(RDIF)」との合意に基づき、12月中に30万人に、来年1─2月には1000万人に投与できるとの見通しを示した。3月にはさらに500万人分のワクチン供給を受ける選択肢もあると語った。

ロシアはワクチンの有効性を90%超としている。

フェルナンデス氏は会見で、「ロシア製ワクチンがアルゼンチンに到着した後、最初に接種するのは私だ。ワクチンの品質について疑いはない」と強調。「ワクチンをいつ入手できるかを正確に示す契約を締結したことは一歩前進で、大きな安心材料だ」と付け加えた。

ワクチンはまず、高リスクを抱えた人や医療従事者、教師に投与される見込み。

アルゼンチンで新型コロナへの感染が確認されたのは累計150万人近くに上る。死者は4万0222人。ただここ数カ月間は、1日当たりの感染率は大幅に低下している。

トピックス

ランキング

  1. 1

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    マニアが絶賛 無印カレーの凄さ

    文春オンライン

  4. 4

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  5. 5

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  6. 6

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  7. 7

    非正規が休業手当貰えぬカラクリ

    田中龍作

  8. 8

    起業に求めてはならぬカネと安定

    ヒロ

  9. 9

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

  10. 10

    現場から乖離した教育学の問題点

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。