記事

生のモミの木と人工クリスマスツリー、環境負荷が高いのはどちらか

1/2
日本でも「返却可能な手ごろなサイズの生のモミの木」が家具メーカーから販売されているが、そもそもクリスマスツリーは生木のものと人工のもの、どちらが環境に良いのかー 環境意識が高い消費者からたびたび質問されるこの問いについて、ミシガン州立大学園芸学と林学研究者のバート・クレッグが解説する。

--
この問いは、人工ツリーに市場を奪われないかとやきもきしている生木のツリー業界の関心事でもあるだろう。というのも、米国で2017年に売れた4,850万本のクリスマスツリーのうち、人工ツリーが45パーセントを占め、シェアを伸ばしているのだ。

クリスマスツリー農園で栽培される生木のツリー、トータルのCO2排出量は?

生木のツリーは木を伐採するのだから森林破壊につながっている、多くの消費者はそう考えるかもしれないが、実際には、クリスマスツリーの大半は“クリスマス用”のために特化した農園で育てられている。クリスマスツリーの需要がなければ、そもそも育てられることのなかった木々なのだ*1。

ミシガン州北部のクリスマスツリー農場で育てられているスコッチパインの木々
Bert Cregg, CC BY-ND

*1 参照:Facts About Real and Artificial Christmas Trees(米国クリスマスツリー協会)

クリスマスツリーが環境に与える影響を調べるのに、研究者らは「ライフサイクル・アセスメント(LCA)」という手法を使用する。苗木を植えてから成木の伐採、廃棄されるまでの全過程において使用する設備、肥料、殺虫剤、灌漑水などすべてのインプットとアウトプット量を計測する。

LCAではカーボン・フットプリント*2の値も算出する。クリスマスツリーの生産において最も温室効果ガスを排出する要素は、運搬における燃料だ。トラクターや輸送トラックのガソリン1ガロン(約3.78リットル)またはディーゼル燃料を使うと、約9~10kgの二酸化炭素(500mlペットボトル約9,000−10,000本)が大気に放出される。

*2 炭素の足跡。製品が販売されるまでの温室効果ガス排出量(CFP)

生木を使うメリットは、木の成長過程で大気から炭素を吸収・蓄積し、ライフサイクルの過程で発生する二酸化炭素排出量を相殺できることにある。木が吸収する炭素量は、伐採時の木の乾燥重量の約50%に相当する。クリスマスツリー大の針葉樹には、地上の組織部分に約20ポンド(9キロ)、地中の根の部分にもほぼ同量の二酸化炭素が蓄積されている、と推計されている。

ただし、運搬時にガソリン1ガロンを消費すれば、それと同量の二酸化炭素を排出することになる。生木のクリスマスツリーを買うのに車を片道10マイル走らせると、それだけで蓄積分の二酸化炭素量は相殺されてしまう。したがって、生木のツリーを購入する際は、なるべく自宅から近い場所で購入することで、環境への影響を抑えることになると考えられる。

2018年米国国会議事堂のクリスマスツリーは、オレゴン州ウィラメット国有林の木を伐採し、トラックでワシントンD.C.の国立公園ナショナル・モールに運ばれた
USFS – Pacific Northwest

しかし、ツリー生産者は木が二酸化炭素を吸収するメリットだけをアピールし、殺虫剤の散布や収穫にヘリコプターを使用していることなどで排出される二酸化炭素について触れていないことから、一般向け科学雑誌『サイエンティフィック・アメリカン』では「見せかけのエコ(グリーンウォッシュ)」だと非難する見方もある。

人工ツリーは中国での製造工程が大きな環境負担

人工ツリーの環境への影響は、生木とはまた異なる。人工ツリーの大半は中国で製造されている*3。中国の製造工場からツリーを輸送するには多くのエネルギーを消費しているのではと考える人は多いが、海上輸送というのは他の運搬方法と比べてエネルギー効率が良い*4。それよりも、最もエネルギーを消費するのは、その製造工程である。

*3 人工ツリーの90%が中国産。参照:Made in USA Christmas Trees

*4 貨物船の温室効果ガス排出を1とすると、トラックは10倍、飛行機は47倍にあたる
参照:Graph: Ocean Shipping the Most Energy-Efficient Mode of Transport


ほとんどの人工ツリーはポリ塩化ビニル(PVC)と金属類を原料とし、その生産過程で温室効果ガスと汚染物質が発生している。中国政府は化学工場による汚染を減らそうと試みてはいるが、そうすると材料や製品の価格が釣り上がる可能性がある。

さらに幅広い観点からサステナビリティ(持続可能性)を考慮すると、生木の生産は米国内の地元コミュニティと経済を支援することになるが、人工ツリーの購入は主に中国の製造業 者を支援することになる。

あわせて読みたい

「環境問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  2. 2

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  3. 3

    電車止めない政府 危機感の甘さ

    諌山裕

  4. 4

    印象論で政権批判 NEWS23に苦言

    和田政宗

  5. 5

    青学・原監督の改革を学連は黙殺

    文春オンライン

  6. 6

    なぜ日本経済は低成長に喘ぐのか

    澤上篤人

  7. 7

    母親が米議会乱入「地に堕ちた」

    Rolling Stone Japan

  8. 8

    大戸屋TOBは企業「乗っ取り」か

    大関暁夫

  9. 9

    尾身会長が求めるリーダーの姿勢

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    諸行無常なオタ活に感じる輝き

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。