記事
  • ロイター

最近のサイバー攻撃、ワクチン審査に影響せず=欧州医薬品当局


[ブリュッセル 10日 ロイター] - 欧州医薬品庁(EMA)のエグゼクティブディレクター、エマー・クック氏は10日に開催された欧州議会の公聴会で、過去2週間同機関に対するサイバー攻撃があったが、新型コロナウイルスワクチンの審査作業に影響は及んでいないと説明した。

EMAは前日、サイバー攻撃の標的になったと発表し、法執行機関の協力を得ながら調査を行っていると明らかにした。

米製薬大手ファイザーと独ビオンテックは、EMAへのサイバー攻撃でコロナワクチン開発に関する資料が「不正にアクセス」されたと指摘した。両社は今月に入り、コロナワクチンの条件付き緊急使用許可をEMAに申請していた。

クック氏は公聴会で「サイバー攻撃がワクチン供給の時期に影響を及ぼすことはなく、われわれは完璧に機能している」と強調し、ファイザーとビオンテックのワクチンについて、12月29日までに条件付きで使用を承認する可能性があると説明した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相を吊し上げ 予算委の惨状

    青山まさゆき

  2. 2

    コロナで世帯数激減 23区の危機

    中川寛子

  3. 3

    絶望する今の日本を歓迎する人々

    NEWSポストセブン

  4. 4

    Kokiの大胆写真にキムタクは複雑

    文春オンライン

  5. 5

    安藤美姫が指導者にならない事情

    文春オンライン

  6. 6

    原監督と溝? 桑田氏G復帰に驚き

    WEDGE Infinity

  7. 7

    河野大臣のTwitterに感じる恐怖

    文春オンライン

  8. 8

    坂上忍に批判殺到「二枚舌だ」

    女性自身

  9. 9

    医療崩壊への切り札封じる菅政権

    小西洋之

  10. 10

    バイデン氏の大統領令に反発も

    My Big Apple NY

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。