記事
  • ロイター

ユーロ上昇、ECB追加緩和に期待外れの見方=NY市場


[ニューヨーク 10日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場ではユーロが上昇。欧州中央銀行(ECB)の追加緩和策が一部の投資家の期待に届かなかったことを受けた。一方、欧州連合(EU)との通商交渉で合意できない可能性が高まっているという見方で英ポンドは下落した。

ECBは10日、新型コロナウイルスの感染第2波に対応しユーロ圏経済を支援するため、追加の金融緩和策を打ち出した。パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の全体的な規模を1兆8500億ユーロに5000億ユーロ拡大するほか、期間を2022年3月まで9カ月間延長する。

しかし、INGのマクロ部門グローバルヘッド、カーステン・ブレスキ氏は、「ECBは新たなバズーカを示さなかった」と指摘。現在の緩和水準を少なくとも2022年春まで延長し、それまでにワクチンが効果を発揮することを期待して、ありきたりの手段をうまくまとめて延長しただけと述べた。

ECBはまた、ユーロが先週に対米ドルで2年半ぶりの高値を記録したことを受け、中期的なインフレ見通しへの影響を監視しているとも指摘。

TDセキュリティーズの為替戦略担当グローバルヘッド、マーク・マコーミック氏は、「ECBも最近の為替動向にさりげなく言及し、ドルの下落を強調した」とし、「ECBが市場のトレンドを逆転させるためにできることはあまりない」と述べた。

終盤のユーロは0.49%高の1.2082ドル。ドルは対カナダドルでも0.61%安の1.2741カナダドル。一時は18年4月以来の安値となる1.2708カナダドルを付けた。

米労働省が発表した12月5日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は85万3000件と、前週の71万6000件から予想以上に増加し、これもドルを下押し要因になった。

一方、ムニューシン米財務長官と民主党のペロシ下院議長は、新型コロナ経済対策法案を巡る超党派の協議に「大きな進展」が見られているとの認識を示した。

英ポンドは0.72%安の1.3305ドル。ジョンソン首相は、EUとの通商交渉で合意できない可能性が大きいとの考えを示した。ただ、交渉をまとめるためにどこにでも出向くとも述べた。

オーストラリアドルは1.26%高の0.7537ドルで、2年半ぶりの高値を更新。世界的に成長が改善するとの楽観論が強まり、豪準備銀行による追加緩和の可能性は低いとの見方が強まった。

ドル/円 NY終値 104.20/104.23

始値 104.53

高値 104.56

安値 104.18

ユーロ/ドル NY終値 1.2136/1.2140

始値 1.2088

高値 1.2158

安値 1.2082

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  2. 2

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    料金高騰が示す電力自由化の功罪

    WEDGE Infinity

  4. 4

    音喜多氏が居眠り謝罪 歳費返納

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  6. 6

    コロナ禍のバイト店員私語に苦言

    かさこ

  7. 7

    五輪中止なら湾岸タワマン暴落か

    NEWSポストセブン

  8. 8

    時短応じぬ外食大手に賛同 なぜ?

    御田寺圭

  9. 9

    SEXなく…夫に不倫自白した女性

    PRESIDENT Online

  10. 10

    感染拡大するスウェーデンの日常

    田近昌也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。