記事
  • ロイター

NY市場サマリー(10日)ECB決定受けユーロ上昇、ダウ指数は下げ幅縮小

[10日 ロイター] - <為替> ユーロが上昇。欧州中央銀行(ECB)の追加緩和策が一部の投資家の期待に届かなかったことを受けた。一方、欧州連合(EU)との通商交渉で合意できない可能性が高まっているという見方で英ポンドは下落した。

ECBは10日、新型コロナウイルスの感染第2波に対応しユーロ圏経済を支援するため、追加の金融緩和策を打ち出した。パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の全体的な規模を1兆8500億ユーロに5000億ユーロ拡大するほか、期間を2022年3月まで9カ月間延長する。

しかし、INGのマクロ部門グローバルヘッド、カーステン・ブレスキ氏は、「ECBは新たなバズーカを示さなかった」と指摘。現在の緩和水準を少なくとも2022年春まで延長し、それまでにワクチンが効果を発揮することを期待して、ありきたりの手段をうまくまとめて延長しただけと述べた。

ECBはまた、ユーロが先週に対米ドルで2年半ぶりの高値を記録したことを受け、中期的なインフレ見通しへの影響を監視しているとも指摘。

TDセキュリティーズの為替戦略担当グローバルヘッド、マーク・マコーミック氏は、「ECBも最近の為替動向にさりげなく言及し、ドルの下落を強調した」とし、「ECBが市場のトレンドを逆転させるためにできることはあまりない」と述べた。

終盤のユーロは0.49%高の1.2082ドル。ドルは対カナダドルでも0.61%安の1.2741カナダドル。一時は18年4月以来の安値となる1.2708カナダドルを付けた。

米労働省が発表した12月5日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は85万3000件と、前週の71万6000件から予想以上に増加し、これもドルを下押し要因になった。

一方、ムニューシン米財務長官と民主党のペロシ下院議長は、新型コロナ経済対策法案を巡る超党派の協議に「大きな進展」が見られているとの認識を示した。

英ポンドは0.72%安の1.3305ドル。ジョンソン首相は、EUとの通商交渉で合意できない可能性が大きいとの考えを示した。ただ、交渉をまとめるためにどこにでも出向くとも述べた。

オーストラリアドルは1.26%高の0.7537ドルで、2年半ぶりの高値を更新。世界的に成長が改善するとの楽観論が強まり、豪準備銀行による追加緩和の可能性は低いとの見方が強まった。

<債券> 30年債入札が堅調だったことで長期債利回りが低下し、利回り曲線が平坦化した。

財務省が実施した240億ドルの30年債入札では、応札倍率が2.48倍、最高落札利回りが1.665%。プライマリーディーラーの落札比率は17.4%と、7月の入札とほぼ同水準だった。

入札結果を受け30年債利回りは低下し、終盤の取引で5.3ベーシスポイント(bp)低下の1.636%。10年債利回りは3.3bp低下の0.908%。

長期債利回りが低下したことで長短利回り格差は縮小。2年債と10年債の利回り格差は約2bp縮小の76.6bp、5年債と30年債の利回り格差は約3bp縮小の125.2bp。

TDセキュリティーズの金利ストラテジスト、ゲンナディー・ゴールドバーグ氏は「入札結果が堅調だったことで長期債需要が増大し、午後の取引で国債利回りが低下した」と指摘。「超党派の新型コロナウイルス経済対策の議会承認が当初の予想より遅れるとの見通しも作用した」と述べた。

長期債利回りはこの日の取引で低下したものの、長期的な上昇トレンドには変わりはないとみられている。10年債利回りは3月以降、60bpを超えて上昇。30年債利回りは約100bp上昇した。一方、2年債利回りは5月に過去最低水準を更新し、その後の上昇は約4bpにとどまっている。

長期債利回りが過去数カ月にわたり上昇していることで、一部アナリストの間では、利回り上昇に歯止めをかけ借り入れコストを低水準に抑えるため、連邦準備理事会(FRB)は長期債の買い入れを拡大させる可能性があるとの見方が出ている。

FRBが来週開く連邦公開市場委員会(FOMC)について、エバーコアISIのマクロリサーチアナリスト、スタン・シプリー氏は「FRBは明らかに金利見通しを抑制したいと考えており、バランスシートの大幅な拡大を継続する」と予想。TDセキュリティーズのゴールドバーグ氏も、来週のFOMCで国債買い入れを調整する可能性があるとの見方を示している。

<株式> 一時の大幅な下げから切り返して取引を終了した。新規失業保険申請件数の増加が嫌気されたものの、新型コロナウイルス経済対策法案を巡る協議進展の兆しを受け、持ち直す展開となった。

米労働省が10日発表した12月5日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は85万3000件と、前週の71万6000件から予想以上に増加。9月半ば以来の高水準となり、追加景気刺激策の必要性を示した。

これを受け、主要株価指数は下落して開始。S&P総合500種は一時0.75%下げる場面もあったが、新型コロナ経済対策法案を巡る超党派の協議について、ムニューシン財務長官と民主党のペロシ下院議長が「大きな進展」が見られるとの認識を示したことが支援材料となった。

グローバルト・インベストメンツのシニアポートフォリオマネジャー、キース・ブキャナン氏は、新型コロナウイルスを巡る状況がテーマになっていると指摘。状況は悪化しており、経済対策の時期や規模を巡る不透明感から市場ではボラティリティーも高まる、との見方を示した。

さらに「これがトレンドの始まりなら、現在の非常に厳しい環境の先を見越して、楽観を維持できるかどうか市場の力が試される」と語った。

市場は10日に開催される米食品医薬品局(FDA)諮問委員会の会合にも注目している。同会合ではファイザーの新型コロナワクチンの緊急使用を巡る討議が行われる。一部の当局者は、FDAが承認した場合、今週末にもワクチン接種が開始される可能性があるとしている。

ナスダック市場に上場した民泊仲介大手のエアビーアンドビーは146ドルと、新規株式公開(IPO)価格(68ドル)の2倍以上となる初値を付けた。終値は144.71ドル。

S&Pのエネルギー株指数は6カ月ぶりの高値で終了。北海ブレント先物が3月上旬以降初めて50ドルを上回ったことに支援された。経済再開による恩恵を受けるとみられる銘柄に投資家が注目する中、同指数は今四半期に36.2%高とS&Pの主要11セクターで最も良好なパフォーマンスとなっている。

米取引所の合算出来高は103億1000万株。

ニューヨーク証券取引所では値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を1.27対1の比率で上回った。ナスダックでは1.66対1で値上がり銘柄数が多かった。

<金先物> 利益確定の売りなどに押され、続落した。

中心限月2月物の清算値(終値に相当)は 前日比1.10ドル(0.06%)安の1オンス=1837.40ドル。

米労働省が10日発表した5日までの1週間の新規失業保険申請は、前週比13万7000件増の85万3000件と2週間ぶりに悪化。米雇用情勢の先行きに懸念が広がり、安全資産として金が買われ、1854.20ドルまで上昇する場面があった。

ただ、心理的節目である1850ドルの水準を保てなかったことで、持ち高調整の売りや利益確定の 売りが台頭し、値を崩す展開となった。

新型コロナウイルス経済対策をめぐる米与野党の協議の進展に期待が広がっていることも、金の下押し要因となった。

金塊現物相場は午後1時36分現在、1.500ドル安の1834.495ドル。

<米原油先物> 新型コロナウイルスのワクチン普及に伴う需要回復をにらんだ買いが膨らみ、4営業日ぶりに反発した。

米国産標準油種WTIの中心限月1月物の清算値(終値に相当)は、前日比1.26ドル(2.77%)高の1バレル=46.78ドルと、3月4日以来約9カ月ぶりの高値を更新。2月物は1.24ドル高の46.96ドルだった。

米エネルギー情報局(EIA)が9日午前に発表した週報によると、4日までの1週間の米原油在庫は1520万バレル増の5億0320万バレル。積み増しの規模は、約8カ月ぶりの大きさで、市場予想(140万バレル減=ロイター通信調べ)に反する結果だった。ただ、これを嫌気した売りは一巡し、10日早朝以降は徐々に買い戻しの動きが優勢となった。

米食品医薬品局(FDA)は10日、米ファイザー・独ビオンテックが共同開発した新型コロナワクチンの緊急使用許可を承認するための審議を開催。カナダは9日に同ワクチンの緊急使用を承認済みで、主要な石油消費地である北米市場の経済正常化に伴い、想定より早くエネルギー需要が回復に向かうとの期待が高まった。また、米追加経済対策の実現期待も追い風となり、相場は午前に一時47.74ドルまで上昇した。

ドル/円 NY終値 104.20/104.23

始値 104.53

高値 104.56

安値 104.18

ユーロ/ドル NY終値 1.2136/1.2140

始値 1.2088

高値 1.2158

安値 1.2082

米東部時間

30年債(指標銘柄) 17時04分 99*30.00 1.6276%

前営業日終値 98*16.00 1.6890%

10年債(指標銘柄) 17時04分 99*22.50 0.9063%

前営業日終値 99*12.00 0.9410%

5年債(指標銘柄) 17時05分 99*30.50 0.3845%

前営業日終値 99*26.75 0.4080%

2年債(指標銘柄) 17時00分 99*31.13 0.1389%

前営業日終値 99*30.25 0.1530%

終値 前日比 %

ダウ工業株30種 29999.26 -69.55 -0.23

前営業日終値 30068.81

ナスダック総合 12405.81 +66.86 +0.54

前営業日終値 12338.95

S&P総合500種 3668.10 -4.72 -0.13

前営業日終値 3672.82

COMEX金 2月限 1837.4 ‐1.1

前営業日終値 1838.5

COMEX銀 3月限 2409.4 +10.4

前営業日終値 2399.0

北海ブレント 2月限 50.25 +1.39

前営業日終値 48.86

米WTI先物 1月限 46.78 +1.26

前営業日終値 45.52

CRB商品指数 161.3917 +2.4709

前営業日終値 158.9208

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  2. 2

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    料金高騰が示す電力自由化の功罪

    WEDGE Infinity

  4. 4

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  5. 5

    音喜多氏が居眠り謝罪 歳費返納

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    コロナ禍のバイト店員私語に苦言

    かさこ

  7. 7

    時短応じぬ外食大手に賛同 なぜ?

    御田寺圭

  8. 8

    五輪中止なら湾岸タワマン暴落か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    SEXなく…夫に不倫自白した女性

    PRESIDENT Online

  10. 10

    感染拡大するスウェーデンの日常

    田近昌也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。